・花と音とエネルギー療法 KIN2 白い月の風 ☎03(5941)6503 http://kotohoginohibiki.com (木日定休)
by kotohoginohibiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ことほぎの響きからのお知らせ
フラワーエッセンス療法
ワークショップのお知らせ
倍音瞑想
アロマテラピー
ヒーリング
チャクラ
健康
被災地支援
イベント
日々の暮らし
「魂の植物」を読み解く
ハーブ
夢解読
わが町 西荻窪
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
この日はお休みではなく出..
by フローレンス at 23:06
そういうことでした
by kotohoginohibiki at 09:19
そういうことなんですね(..
by mizutani at 20:26
お越し頂きまして、ありが..
by kotohoginohibiki at 12:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:46
フローレンスさん ..
by kotohoginohibiki at 19:09
おめでとう!なぜかそんな..
by フローレンス at 20:40
畑デビューおめでとうござ..
by Megumi at 18:05
本当にありがとうございま..
by kotohoginohibiki at 19:03
おめでとうございます! ..
by フローレンス at 20:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
老人介護、高齢者訪問の仕事に..
at 2017-09-27 19:03
「アロマで家庭療法(セルフケ..
at 2017-09-13 11:04
精神疾患を抱える方への対応
at 2017-09-01 16:07
転倒後のセルフケアに占星学
at 2017-08-23 14:47
8/22(水) 倍音瞑想会の..
at 2017-08-18 19:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
メンタル
スピリチュアル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

味噌 寒仕込み

今の季節は、新麹が出回るので
味噌を手作りするには、失敗も少なくて良いですね

我が家でも今朝、店に出る前に仕込んできました。
2年前に作ったら失敗しましたので、甘酒にしちゃおうかなー012.gif
っと思っていたら、母が作ってみたいというので

気持ちを奮い立たせ、11年前ベターホームで習ったレシピにて再挑戦017.gif

母の実家は今でも農家です。
亡くなった祖母は一年中の味噌を手作りで仕込んでいたそうで
母もその姿を覚えていて、80を前になって
「習っておけば良かった」というので、私も頑張って教えてみようと
思うのです。

学びはいつからでも遅くないのですね
その方が学びたいという情熱があれば....

友人が毎年、手作り味噌の新モノパーティーを開いていて
その食事会は本当に楽しいのです。

私の好みの味があって、これは〇〇さんの味噌とわかるんです。
本当に個性が出るのですね。

味噌は仕込んだら3〜4ヶ月寝かし、一度返します。
そして若く食べられと言いますが、秋まで熟成させた方が美味しい。

作って置いておく環境や、温度、湿度など毎年違います。
生き物なんですね〜漬け物と同じように....

広島、長崎の原爆のあと生き残った方々は
皆さん毎日みそ汁を飲んでいた方々という話をどこかで
聞きました。
発酵食品は、力があるのでしょう

日本の風土にあった味噌
昔の母が引き継いできた味を私も母も出来るようになりたいと
魂が今望んでいる016.gif
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-28 15:36 | 日々の暮らし | Comments(2)

根底にある淋しさ

ヒーリングを続けて9年
今さら掘り起こされる幼少期の感情。

大人であるからこそ、インナーチャイルドと向き合って
癒すことが出来ます。それは自分の未来を明るくしていく作業です。

昨晩は1人で冷たい夕食を食べる事になりました。
普段ならどうってこともなく、温め直せば良いことだったり
しかし、朝からいろんな事が起こって忍耐を試されていて
ちゃんと処理出来るかがテーマの一日だったと思います。

とても神経が疲れていたのと、普段の疲れが
肉体にも現れていたのでケアにも行ったほどでした。
そしてインナーチャイルドのテーマがやってきたのでした。

幼少期から思春期、家族の団欒がなかった食卓で
冷たい食事を毎日温め直して食べていた頃の
淋しさが急に蘇って来ました。

ずっとずっとインナーチャイルドは、家族の
温かな団欒のある食卓を求めていたのでしょう。
そして今ここに辿りつき、フラワーエッセンスが浮かびました。
カラダの痛みのクセも、必ず同じ部位。

淋しさからくるカラダへの表現は、ようやく
解決に向かえるのだろうか?
自分のカラダですから、責任がありますね

今、小学校でもADD、ADHD、アスペルガー、攻撃的な子供達
が増えています。そんな子供たちを一クラスにまとめたり
教育現場の声をお母さん達から聞くようになりました。

日本のようにどこにいっても都会的環境の暮らしで
育っている子供達は増々、こういった流れになっていくのでしょうか?

FESフラワーエッセンスの症例において
その原因をあげています。

◯幼少期から自然との繋がりが持てなくなっている環境
◯安心出来ない家庭環境(離婚、事故、そして孤独)
◯早すぎる教育指向

もう一つ加えるなら
◯妊娠中の母(妊婦)の精神状態の影響

こういったお子様を抱えているお母さまが
フラワーエッセンスを飲み始めたとき、何かが変化します。
もちろん引きこもりやいじめの問題も、解決の道へ
動き出すことでしょう。
私も実際、そういったケースと出会っています。

インディゴやクリスタルチルドレンの話も上がりますが
そう言われる子供たちの数は、実は割合的には少なく
大部分の子供達は、上記の原因が上げられるということ。

大人たちが今、答えを迫られていますね。
自分を取り戻していけたら良いなーと心から思います。
そして子供たちについては教育現場のケアと、子供たちへの癒し
双方の立場から組み合わせた治療などが始められるように
理想として提案出来たらと思います
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-27 08:35 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

トランスパーソナルな自己

FESのフラワーエッセンスを扱い始め、魂の成長を
曼荼羅で捉えながらサポートが始まっています。

その中ではレベル7においてのテーマは
『霊的自己への道程』『人間の魂の光輝く中心核としてのトランスパーソナルな自己』

物質的定義を超えたトランスパーソナルな「自己」
難しい課題でもありますね

しかしいずれはここへ向かう必要があるのかもしれません。
とても物質的な思考に満たされた現代では
本来私たちの尊い思考が乱され、本当の豊かさから見放されてしまっているので
魂が混乱していると感じます。

バッチフラワーでは5フラワーエッセンス、スターオブベツレヘム、ホリー、セラトーに
代表され、FESフラワーではレンジオブライトなどはこのレベル7に
対応するものが多くなっています。

それは人生において社会の中での体験として培われるべきこと
人生の後半には自然とこのテーマに沿った道を歩んでいくように思います。

トランスパーソナル学会では今週末、荻窪で勉強会があり
一般の方も500円で自由に参加できます。
http://transpersonal.jp/archives/1902

サトルエネルギー学会の神尾先生のエソテリック•ヒーリング講座に
ご一緒した方が主催の勉強会です。

トランスパーソナルな気づきは
精神的なアイデンティティーや自己(Self)とコミュニティーのバランスを見ていく作業となります。
こちらに偏り過ぎも問題がありますので、バランスさせていきます。
人生の暮らしの中でゆっくりと土壌が育つように.....
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-26 19:05 | ヒーリング | Comments(0)

エソテリックヒーリング 「チャクラ」

月に一度の講座。
今回は『チャクラ』に参加、満員でした001.gif

代表的なチャクラの図をいろいろ参照しながら
理解しているようでしていなかった、深いところのお話が続きました。

改めて私が認識しているチャクラは表面的な所だったので
三層に大きくわかれ、しかも各層(エーテル、アストラル、メンタル)の中にも
更にチャクラがあるのだと知りました。

しかし、到底一般人レベルにおいては表層チャクラの理解とその治療しか
出来ないというお話にも納得して帰ってきました。

皆さんの前ではお話しできなかった私のインスピレーションを
そのあとの新年会でお話ししたところ
神尾先生は『面白いな〜話してくれたら良かったのに!』と褒めて頂きました。

それはチャクラの図が基底チャクラから上昇するチャクラにたいして
徐々に花びらが増えていくキク科の花のレメディーと比較したときに
下層の方は、カラダの機能的なもので花びらの枚数も少なく
上昇するに従って表現や意識と感情の統合や、精神的、霊的になるほど
花びらの数が増える花が対応していると植物学的にリンクしている。

そう申し上げました。
キク科の花は、花びら一枚一枚が実は一つの花の集合体で、雄しべと雌しべが存在して
いる特殊な花達です。

チャクラの図をインドでは花として描いているところもシンクロしています。
もう一度、深くフラワーエッセンスの花達のジェスチャーを観察し直し
正確にフィードバックしたい課題と感じました016.gif

クライアントの症状として、仙骨チャクラと太陽神経叢チャクラの閉塞が
一番多いため、エネルギーを上昇させて創造性を高めるための
治療とアドバイスはかかせません。

今『チャクラ』と『オーラ』のセミナーも企画中です
ことほぎの響きのセミナーの意図は、入り口です。
多くの方々に言葉や、役割を知って頂くこと。

もっと勉強なさりたい方へは、信頼のおける正しい道へと繋ぐことです。
お楽しみに058.gif
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-23 12:20 | ヒーリング | Comments(0)

昨年春の予知、そして必要な導き

昨年末より、新しい企画のために動き始めています。

昨年春に『ガイヤシンフォニーのような映画を提供する側になる気がしている』
そう自分で感じとっていました。

そして2011年の実りの秋に、どの映画を私が上映するのか決まり
地域の西荻窪で『ガイヤシンフォニーの絵を描いた方』を12月には紹介されました。

必要な事柄を始めにキャッチすると、情報や人が
数日、数ヶ月、数年をかけて引き寄せられてきます。
最近は、水の流れのように受け取るようにしています。

今日は、上映を立ち上げたいという意思を地域のある方に
お話ししましたら、なんと!
個人的に瞑想を教えているというお話。

ことほぎの響きでも瞑想会を週に3回やるという
メッセージをOPEN時に受け取っていたのですが、どう
私がやり始めて良いのか、そのまま放っていたのです。

クライアントの方にも、瞑想をお勧めしてはいますが
ご紹介できる方との出会いが無くて.....
そうしたら不思議ですね

向こうからというか、自然と引き寄せられたのです。

今日は天使のペンダントをしていこう!
いつもOリングで朝、その日のペンダントお決めます。

今日、駅前で待ち合わせたその方の第一の言葉は
『私も同じような天使のペンダントを持っている!』でした。
すぐにこの方とは天使つながりなのだと私は理解できました。

ですから、瞑想を教えているという彼女を信頼できる人だとすぐに理解できたのです。
今度店のスペースを見て頂いて、活動できそうでしたら
使って頂こうと思いますし、狭ければ広いところを
ご紹介したいと思います。

横の繋がりの中で、同じ地域での癒しを提供されていくことが
必要であります。

どうしても私のところで。そんな気持ちでは本当の癒しは訪れないのでしょう。
流れをきちんと繋げていくことこそが大切なことだと思っています。

人が何かやり始めるとき、一つの目的が
沢山の繋がりを引き寄せます。
それが他者のためであればあるほど、力は強くなるのです。

そして今いる道が正しいかどうか
改めて答えとしてメッセージを与えてくれます。
正しい道であれば、苦労無く必要なものが見つかっていきますし
無駄な労力から無縁となっていきます。

その結果『恐れ』から増々遠ざかっていき、人生が豊かになるのですね
今日も感謝でいっぱいになりました016.gif
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-18 17:40 | わが町 西荻窪 | Comments(0)

未来へ続く道 ~ 宮田雪一周忌によせて ~

未来へ続く道
~ 宮田雪一周忌によせて ~

2012年2月11日(土)神戸市立王子動物園ホール(定員300名)
「地球の上て平和に生きる」~その導きを与えてくれた映画
『ホピの予言』を 残し、監督・宮田雪監督は2011年2月14日魂の故郷へ旅立ちました。一周忌によせて追悼上映とともに仲間たちか集います。みなさん、希望をもって「未来へ 続く道」を歩み出しましょう。

【会場】神戸市立王子動物園ホール
〒657-0838神戸市灘区王子町31 Tel 078(881)6666
・阪急神戸線王子公園駅下車、動物園の東側に沿って北へ徒歩5分
・JR灘駅下車、北へ徒歩10分
・ 市バス 三宮方面から90・91・92系統 王子動物園下車 北へ徒歩3分

10:00開場 10:30開会
10:40~11:54上映『ナワカミック/インティアントラムは鳴りやまず』74分
12:30~14:20上映『Canta! Timor』110分
14:35~16:20上映『の島』105分
16:35~17:35 対談「未来へ続く道」
●広田奈津子(『Canta! Timor』監督あや(『祝の島』監督)
●辰巳玲子(ランド・アンド・ライフ)

17:40~18:10映像&ライブ 内田ホブ
18:25 追悼・宮田雪監督
18:35~19:50 16mmフィルム追悼上映『ホピの予言』監督宮田雪 75分
19:50~20:15上映『浄化の時代を迎えて』25分
20:20 終了

時間などの変更があるかもしれませんのて、HPてご確認よろしくお願いします。

【会費】 11演目参加:1000円 2終日参加(出入り自由):2000円
高校生以下すべて無料
収益は「フクシマの子どもたちを放射線被ばくから守る」ための支援に使われます。 飲食店は駅周辺にあります。会場でパンや飲み物なと販売しますが、必要な方はご持参ください。マイカップお忘れありませんよう。

【上映作品紹介】
『ホピの予言』1986年 75分 ランド・アンド・ライフ制作 監督・宮田雪

「人間が正しく使えるようになるまでは、決して掘り出してはならない」アメリカ先住民族ホピやナハホの警告にも関わらす、彼らの聖域からウランは 掘り出され、広島・長崎に原爆は投下された。
それは、ホピの教えの中で、人類存亡にかかわる危険な時代に入ったサインてあった・・・。母なる地球 やいのちたちと引き換えに、利権やエネルギー、快適さを追い求めてきた私たち。その私たちに残された唯一の道は「質素で精神的な生き方」とホピ長老は語る。この映画は普遍的メッセージ映像として、1986年公開から絶えることなく求め続けられてきた。

311以後、映像の一言一句が、さらに現実味
をもって迫ってくるのだ。
87年アメリカインディアン・フィルムフェスティバル、ドキュメンタリー大賞受賞作品 http://hoshimeguri.com/landandlife/

『浄化の時代を迎えて』2004年 25分 ランド・アンド・ライフ制作 構成・ 辰巳玲子
2003年3月イラク戦争開戦直後、ホピ伝統派のひとりであるマーチン・ケスリスウマ氏 を取材したインタビュー映像。「私たちは自分を見つめなけれはならない。」と最後を結ぶ彼の言葉は、311以後の今をさらに鮮明にしている。
http://hoshimeguri.com/landandlife/

故・宮田雪(みやた・きよし)紹介
【代表作品】
●シナリオ アニメ『ムーミン』『あしたのジョー』
 『ルパン 3 世』『海のトリトン』
●ドラマ『西部警察』『探偵物語』『気分は名探偵』
漫画・劇画『げげげの鬼太郎~犬神大戦期~』『東海道四谷怪   談』 他 多数
● 映 像 『 ホ ピ の 予 言 』 『 セイク レ ッ ト ・ ラ ン 』
『 フルト ーン の 火 』『ROKKASHO』


【問い合わせ】ランド・アンド・ライフ http://hoshimeguri.com/landandlife/
Tel 078(881)8163 landandlife1986@gmail.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-14 10:02 | 日々の暮らし | Comments(0)

陰陽五行セミナー「暦•旧暦」のお知らせ

2012年の旧暦の正月は、1月23日(新月)です。

旧暦の正月を前に1月20日「暦•旧暦」とは何ぞや?
を学びませんか?

第一回の「十干十二支」にご参加頂いていない方でも
わかりやすいような内容となっておりますので、ご興味のある方は
ことほぎの響き・03-5941-6503まで
ご連絡ください。

詳細はhttp://kotohoginohibiki.comをご覧ください

旧暦のしくみ
旧暦とは太陽と月の周期を併用した太陽太陰暦です。
一般に江戸末期に思考された天保歴に近いものをさしています。
「農歴」とも呼ばれています。

各月の一日は必ず新月で、八日前後は上弦の月から満月、二十三日前後が下弦の月。

女性の生理も二十八日周期というのは、この月の満ち欠けと同調しているのですね

正月や節句(三月三日、五月五日、七夕、重陽の節句など)七五三など
全て神事とされ、日本ではこの旧暦に合わせ運行してきました。
また、祭り事は満月に行われるなど日本人にとって、月は大切な意味を持っていました。

新月 上弦の月 満月 下弦の月というサイクルは
トキの節目として大切な意識の源でした。

トキは休日や祭日のセチ(節)を意味し
それ以外の日常をアイダと呼び「時間」はトキとアイダの
両方を意味する近代用語なのですね........「旧暦是好日」LUNAWORKS発行を参考

マヤの人達は6つの暦を扱えた民族であったそうです。
日本人はどうでしょうか?私たちの日本という自然のサイクルにあった暦を
再び扱えるでしょうか?

グレゴリオ暦は明治維新より使われ、太陽太陰暦は廃止されましたが
今でも農業や漁業を営む方々、釣りやガーデニングなどの趣味をされる方達は
とても参考になるこの暦をもう一度、学ぶチャンスがやってきたので
年に一度のこの機会に是非、ご参加お待ちしています056.gif
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-11 17:22 | 日々の暮らし | Comments(0)

和服とカラダ

日本人は和服を着ます。
カラダとの共通点が多いことに気づきました016.gif

和服を着るときに大切なことは、下着や長襦袢をキチンと着ることです。
そうすれば着物が着崩れることはありません。
一日中苦しくもありません。
夏は特に下着に気を使いますし、冬は暖かく重ね着ます。

手間はかかります。
着物を着る準備には時間をかけ、前の日には帯や小物、草履もそろえておきます。
脱いだら一日湿気をとるのに吊るしておきましょう。

カラダも同じなんですよー019.gif
外から見えない内面をしっかり維持できれば、心はブレないですね。
心をブレずに保つことが出来れば、外面状(病気)という
目に見える形にまでは到達しません。

カラダは手間がかかりますね

心は前もって受け入れ準備が必要で、急な出来事には
私たちはなかなか対応が出来ませんね

そして一日中、使ったカラダはゆっくりと休養が必要となります。

日本人が生み出した和服という形は、私たちのカラダを
現していると思いませんか?058.gif
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-06 18:43 | 日々の暮らし | Comments(0)

20012年幕開け

明けましておめでとうございます072.gif
今日から店を開始しました。

これからも優しく、神事やエネルギーのことをブログで
お喋りしてゆきますので宜しくおつきあいください

正月は日本の神事です。
門松を立てるのは、神様を迎え入れる準備が出来ていますという合図です。

昔から松風という言葉もあります。
それを昔の人は「音」にたとえ、よく詩に読んだものです
音楽と説いた説もあります。

正月を迎えるためのこういった花飾りは、一夜飾りや29日(苦を避ける)に飾るなどはタブー
年末の30日までに準備を整えるように母からうるさく言われてきました021.gif

茶道でも生花を飾るのは掃除が行き届いた最後になるため
30日までに新年の神様を向かい入れる準備をせよ!ということなのでしょう。

新しい「音=松風」とともに2012年を迎えた皆様に
今までどおりの幸せがやってきますことを、年初に祈りたいと思います。

年初からチベット体操を始めました。
インドから渡ったヨガなどを取り入れながら、チベットで独自に開発されたもので
「チャクラ」を活性化する体操(チベットのラマ層は儀式と言います)です

一先ずやってみよー
それでお年寄りにも出来るか考えて思います。
年をとっても出来ることを提供しなければね049.gifそれが「責任」ですから

あと「チャクラ」やわかりやすく、一般的となるよう広めたいな〜
どんな言葉が届くかな?知恵を絞って考えてます039.gif
今年もお楽しみにー058.gif
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-01-05 16:02 | 日々の暮らし | Comments(0)