・花と音とエネルギー療法 KIN2 白い月の風 ☎03(5941)6503 http://kotohoginohibiki.com (木日定休)
by kotohoginohibiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ことほぎの響きからのお知らせ
フラワーエッセンス療法
ワークショップのお知らせ
倍音瞑想
アロマテラピー
ヒーリング
チャクラ
健康
被災地支援
イベント
日々の暮らし
「魂の植物」を読み解く
ハーブ
夢解読
わが町 西荻窪
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
この日はお休みではなく出..
by フローレンス at 23:06
そういうことでした
by kotohoginohibiki at 09:19
そういうことなんですね(..
by mizutani at 20:26
お越し頂きまして、ありが..
by kotohoginohibiki at 12:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:46
フローレンスさん ..
by kotohoginohibiki at 19:09
おめでとう!なぜかそんな..
by フローレンス at 20:40
畑デビューおめでとうござ..
by Megumi at 18:05
本当にありがとうございま..
by kotohoginohibiki at 19:03
おめでとうございます! ..
by フローレンス at 20:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
転倒後のセルフケアに占星学
at 2017-08-23 14:47
8/22(水) 倍音瞑想会の..
at 2017-08-18 19:00
不妊治療に役立つメンタルケア..
at 2017-08-04 14:46
妊娠を望む女性の子宮を整える..
at 2017-08-01 12:11
不妊治療に役立つメンタルケア..
at 2017-07-31 13:29
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
メンタル
スピリチュアル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヒーリングケアを理解しよう

日本の医療の世界でもヒーリングの大切さが理解されつつあります。

アメリカホリスティックの医療現場で使われているヒーリングケアを
ヒーリングタッチの本拠地よりインストラクターから直接お話を聞け、
一般参加できるセミナーのお知らせを致します。

(ヒーリングタッチ東京、NPOホリスティック医学協会主催)
詳しくは↓
http://www.holistic-medicine.or.jp/spienet_4.pdf

医療関係者だけではなく、一般のご家庭や
奉仕活動、福祉活動、教育現場など幅広く使用できるケアでもあります。

今、スピリチュアルな世界やヒーリングという言葉が
先行しすぎていると思われますので、この機会にきちんと理解されると
宜しいのではないかと思います。

さて!
6/2・3の土日は西荻でチャサンポー。
「散歩の達人」にも西荻編で取り上げられています。

この日は、無料リーディングで
バッチフラワーに限りますが、フラワーエッセンスって何なの?
という方も多いと思われますので、それを体感して頂くチャンスです!

普通は1ヶ月という期間ゆっくりと自分と向き合う
フラワーエッセンスも、ヒーリングセルフケアとなります。
西荻商店街全域に広がって、このイベントで盛り上がりますので
セッション・販売している私ってどんな人か
ひやかしに来るだけでも構いません(笑)

お待ちしていまーす016.gif


ことほぎの響き*http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-29 14:13 | ヒーリング | Comments(2)

扉の夢

数日前の夢の中で、白い扉の周りを白いバラがアーチ状に咲いていた。

「扉、戸、ドア」などは自己発見の好機。
中でも自分の思わぬ才能の扉を開くチャンス
心の恐れを解放して向こう側へ

「門」というのもよくありますが
エドガーケイシーによると、門は別世界の扉。
人生の変わり目を受け入れて、決意を行動に移さない限り
門の向こうへ行けない。

すべては自分自身が「鍵」となります。

最近、「家の鍵が戻ってくる」夢を見た方がいました。
家はカラダを表し、真実の扉をあけるときが来たこと
を表していました。全ての管理は自分自身なのだという理解が出来てきた証拠

成長の過程で
自分の決断が迫っているとき、このような夢を見る
新しい人生の扉をまた一つ 開けてみよう

恐れは付きものですが、解放したとき
素晴らしい世界が開けていることでしょう

フラワーエッセンスを服用し始めると、夢を見易くなります。
それは自分の人生を、自分で切り開く準備がある人のためにあります。
誰のものではない、自分という存在に近づくために....


ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-24 16:58 | 夢解読 | Comments(0)

霊性

年齢•人種•国籍を問わず
地上にいる全ての人は完全に純粋な存在である。

だれもが同じひとつの本源からやってくるエネルギーを
受けているからだ。

その純粋で霊的な本来の姿のそばにい続ける能力を「善」といい
「善」はいつも目の前にあり、だれもがつねにアクセスすることが出来る。

その一方「悪」というものはもともと存在するものではない。
にもかかわらず、悪は起こりうる。純粋で、いのちをあたえる宇宙エネルギーの
流れをブロックし、自己の存在から遠ざかるとき、人は悪になる。

つまり

悪とは霊的な力の欠如のことなのだ。
誰の中にもそれがある  

『命の輝き』より

昨日は「ホピの予言」上映会でした。遠いところからお越し頂いた皆様
ありがとうございました。

そのとき、トークを進行下さった冨田貴史さんより
「今、わたしにできること」本を頂きました。

私たちの日常は、常に選択を迫られています。
『自分だけなら大丈夫!』

そんな考えは大部分の人の心の中に存在します。
『今日だけなら大丈夫!』
ついつい明日に先延ばし

そしていつの日か、自分の「善」から遠くに来てしまった自分と出会う。
愛情とは毎日の積み重ねなのだね

大人の私たちは、大人だからこそ過去を振り返ることが出来
そして立ち止まる。
子供はそうではない。突っ走り転んで泣いてしまう。

考えるときを持てるから、答えを早急に出さないから大人なんだね。
答えを出すまでは、いろんな人とあって話せてみれば良いさ

そうしているうちに自分の中の「善」と出会えていくから.....

今日の金冠日食のピーク時、太陽のオーラが一瞬変わったのに
気づいた人は何人いただろう?
闇夜ではない月夜のような空気感を創りだした。

緑 青 紫 の光線がピーク時にピンクと黄色にかわった瞬間
私は強いグランディングさせる光線を感じることが出来た。

そしてまた青と紫に変わっていく。
いつもの太陽に戻る

今日の日食は沢山の人達のグランディングを導いている。
「善」に取り戻されるエネルギー

東京は変われるだろうか?
日本は変われるだろうか?
日本人は変われるだろうか?
私は変われるだろうか?

ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-21 18:03 | ヒーリング | Comments(0)

21日 金冠日食

友人から、スピリチュアル的にみて
金冠食を直接見て良いのかどうか質問が来ました。

私は下記のようにお答えしたので、ここでもご紹介します。

******************************
私の感じるところ、直接は見ない方が良い気がしている。
でも、光は浴びた方が良いと思うので、
この『食』の前後はお日様に当たろうと思っています。

私がそのとき見たい気持ちが強ければ
反射鏡を使って家の内の壁とかに照らして
間接的に見ようかと思ってます。

『食』については今までも何回か書かせて頂きましたが
太陽と月と地球のコンジャクション(直列)となる現象のために
普段の惑星の配置のときよりも、惑星のエネルギーを受け易いという現象が起きます。

奇跡も起こりうるため
わかっている人達は静かに、このときの波長と会わせ瞑想します。
すると宇宙のエネルギーにより、スピリチュアルな波動を自分に取り戻してくれる

それにより、不思議な感覚を感じたり
タイミングが来ていない人は、個人差がありますが

体調を崩す人やタイミングが早すぎることで幻覚や妄想などが
起こり安くなる場合も。これは地球もアセンションを起こしているためで
必要なプロセスになるので、地球上の生物全てがエネルギー上昇をするために
今まで来たので、今年の6月には金星の太陽通過もあり
その勢いは増してきます。

月の役割は昔とは変わって今存在するので、月に思いを馳せていたり
『月=物質=肉体』に意識が偏っている人達は
カラダに何らかの影響があたえられるのではないかということです。
物質主義に走っていくことは、過去へしがみつく好意とも同調し
本来のありよう(地球が向かっている道)と逆行となるためです。


1人で不安を抱え込まずに、いつでもお答えしたいと思いますので
そんなときはメールをください。


12月は惑星が全て直列に繋がるという、コンジャクションも言われますが
来てみないことには、全てが想像の範疇です。
これらの惑星の配置を予測し、『マヤの暦』のメッセージがあるのも
うなずけるところです。

これに関しては、また別に書きたいと思います。

このコンジャクションが起きると、人間の想像できないほどのエネルギーの影響を受けます。
なので、ヒーラー達も必死で沢山の人達がその波長とあわせられるだけのレベルへ
成長できるように今は奉仕し働くことを決意している人が増えてきたということです。

気づいている数少ない医師達とともに活動する決断をしていく
ヒーラー達が増えているのも、この現象に引き寄せられているという
行動かもしれません。

何が起きているか知って今ここにいる人達は、
このような惑星のコンジャクションやスクエアーのときに合わせ
無意識に、意識的にイベントしたりする。

これはヒーラー達の取り入れられた『愛のエネルギー』の放射を
沢山の方々に少しでも多く伝えることがプログラムされている
現象かもしれないですね


静かに奇跡を起こすエネルギーを個々に溜め込み、
波長を合わせ受けとって、癒しのエネルギーを放射するために私たちは
『祈り』『マントラ』を唱えたりします。


利根川の水の汚染が話題になりました。
東京に住む私たちを包容してくれている水へ
『感謝』を伝える人が増えますよう....


*5/20日「ホピの予言」上映会は満員御礼
ありがとうございました



ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-19 13:56 | ヒーリング | Comments(0)

共にいてくれる ワイルドローズ

e0257524_16533651.jpgバラの季節になりました。
もう何年も神代寺植物園に、バッチフラワーのワイルドローズを観察しています。

昨年から店を持ち、今年は行けないなーと思っていたら
ご近所でクライアントでもある方より「バラが咲いたので」って
届いたバラがワイルドローズに感激しました。


e0257524_16525126.jpgこのバラは枝垂れちゃう種類で立たせようと選定すると花がつかなかったりします。

そのお庭で写真を撮り、紅茶を頂いて仕事場に向かいました。
なんて幸せなことだろう

22年前フォンドフォーンの近くまで、このバラを見に行った。
その時の行動力ほど、ワイルドローズを象徴しているできごとはありません。
エネルギーが枯れてくると、この花のように寝てしまいたいほど

この花の姿を見ていると、好きな向きを知っている。
何度、手を加えても同じ方向に延びてゆく。

周りの混在している様子

いろんな人達とのコミュニケーションを許している
植物園では見られない、この花の環境を毎月観察することを許され
枯れて冬の姿も学べる歓びで、胸が広がりました

今服用しているレメディーに、グリーンローズを加えました。
それは、大好きなお花屋さんで入荷していたから

火のエネルギーの枯れを感じていた時期、
他のレメディーにこのエッセンスを加えたら
背中を押される感覚で、これからの道を他の療法士の方と
情報交換が自然と出来るようになりました。

こんなこと聞いたら失礼かな?
昔から恥ずかしがりの私が、どこかにまだいる。

そんな自分の躊躇が、時にはマイナスになる。
それを克服しなくちゃならない

自由を手に入れたいから、自分の深く知ることを私は止めない。
私は彼らの一部であり、共に成長できる仲間という意識が
戻ってきます。

今向かう道へ輪の中に入るには
自分のアイデンティティーが無くなる様な恐れがどこかにある。
しかし、今こそ自己をその中へ繋げることこそが自分のいる道なのだから
情熱をもって行こう

それがワイルドローズの教えならば......


◆5/20(日)は夜から「ホピの予言」上映会です。今33名の方が集まっていますが
まだ3名ほどお受けできます。

○荻窪With 遊にて
 詳細:http://ameblo.jp/kyurekihibikore/day-20120507.html


ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-18 17:19 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

糖尿病が治った義母

e0257524_1864419.jpg
13日の母の日、義母の顔を見に行きました。

糖尿病の為に打っていたインスリンがまず始めに手放され
薬さえも今は手放すことが出来、高血圧の薬だけになって
体重も少し戻ってきた義母を観察しました。

いつもひどい巻き爪でしたが、その巻き方も少し良くなったように感じました。

最初、糖尿病が原因の脳梗塞で倒れた母を
食事療法と毎週のフラワーエッセンス入りのオイルでトリートメントを続けて支え、
インスリンが手放せたときも嬉しかったのですが

それから嫌がっていた
デイサービスに週2通えるようになって
亡くなった父の代わりに、おじいちゃん達の話を聞いてあげられて
自分の存在の意味を、もう一度取り戻した義母。

糖尿病の薬もいらなくなって、本当に人の成長は
終わることが無いのだなと教えられました。
人の生命力は本当に素晴らしいなと実感します058.gif

大変だった時期のことを、義母は覚えていないんだと笑っていました。
自分を見失っていたのです。


毎年咲く、スターオブベツレヘムの花

この花の群生と出会ったのは、もう7年前のこと。
都会の真ん中で、ある1軒の家の庭で群生化されていた。
過去からの悲しみや、ショックな出来事を全て癒す花のエネルギー。

FESではこの花を、メラフローラレベルの7段階として
トランスパーソナルの統合と位置づけています。

悲しみに包まれた昨年の東日本大震災のあと、
スターオブベツレヘムのフラワーエッセンスが必要な方が沢山いらっしゃいました。
もちろん、私もこのレメディーが入った5フラワーレメディーを取っていました。

スターオブベツレヘムのエッセンスは、生と死にまつわる癒しにも
使われます。とても霊性の高いエネルギーの花です。

またバッチフラワーのホリーやワイルドオートとともに
カタリスト(触媒)の役割も果たします。

義父が亡くなったあと、義母は3年近く鬱状態でした。
実母の親友がリンパ癌になったと告知を受け取り
その後、母は鬱状態で脱水症状が続きました。

どうして鬱状態かと理解できたかは、私がそうだったからです。
どちらにも、このスターオブベツレヘムのフラワーエッセンスを処方しました。

親しい方の死を受け取る時、人は本当に思考が止まってしまうほどのショックを受けるのでしょう。
それは言いようの無いショックだからです。
「死」をきちんと捉えていないから、起こることなのかもしれません。

親愛なる祖母が亡くなった時、私も1年受け入れられずに
説法を聞きました。

サトルエネルギーを学んでいると「死」については避けられない。
ホリスティック医療の帯津良一氏も、死を考えることで
生を見直すことが出来ると言っています。

まだやることがある魂なら、生かされるだろうし
死をもって解放されるときにきたならそれは、受け入れることなのだ。

「死」は最大の解放のときであり、トランスパーソナルな
自分へと戻っていくことが出来るできごと

「死」の為に今生きている

母の日近くなると咲く、スターオブベツレヘムは
とても母性の強い花。

人が統合されたとき、その光りは『白』を発する
私たちはこの『白い色』を目指してここにいます。


ことほぎの響き:http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-14 18:02 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

ヒポクラテスも手当から

ギリシャの名医ヒポクラテスは
患者を治療しているときに、自分の手から癒しの力が光のように
輝いていることに気がついていた。

その輝きについて、かれはこう書いている。

『それは患者の苦しみを和らげているときによく現れた。病んでいるところに
手をあてると、あたかもその手に不思議な力が宿り、それが痛みやさまざまな不純物をひきずりだし、はがしとっているかのようであった』

上記の文章は、アメリカのオステオパシー医のDR.ロバート•C•フルフォード博士の
著書『いのちの輝き』からの抜粋です。
アンドルー•ワイル博士が師と仰ぐフルフォード博士の本は
大変読みやすいのでお勧めです。

母が子を思うような愛の手当から、癒しは始まります。



ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-10 18:49 | ヒーリング | Comments(0)

伝統療法vs 最新医療

年に一度の人間ドックに行ってきました。
毎年、欠かさないでいく健康診断は私の試験です。

今の健康状態はもちろんgood!

伝統療法である自然療法を自分で行っていることを
最新技術を駆使した西洋医学で証明する為に、毎年検査しているようなもの

○女性の閉経による更年期で、起こりやすい骨粗鬆症の数値も
上がってきました

○甲状腺の数値がギリギリ低かったものも、上がって今年はクリア

○アレルギーやコレステロール値は優良児!

昨年の夏に仕事を始めて、生活スタイルが変わったことが
私の唯一の課題でしたが、今年の数値はむしろ何もしないでいた数年よりも
健康状態を表しています。

甲状腺の問題をクリアした私に、ドクターが
「何か特別なことをしたのなら教えて下さい」と聞いてきました
問診の時、看護師には伝えましたけど

まさか、甲状腺の為に一年かけて
『フラワーエッセンスと、歌を歌うことヒリーングケアと頭蓋骨調整と瞑想をしている』
そんなことをいっても信じてくれないと思っていたので
1人で勝利を感じて笑っているだけでした001.gif

誰も信じないとしても、私自身の自信となります。

この自信が私の夢を叶えるでしょう。
ヒーリングセンターをいつの日か、西東京に創る

今日クライアントの方が、昔ここ西荻に瞑想センターがあったんですって!
そうお話し下さいました。
まさに私も瞑想会を仲間と立ち上げようとしているところです。

きっと一つの場所に集結して出来ることを知っています。
その日まで頑張ろーって思っています


ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-09 16:02 | Comments(0)

big  rainbow!

東京の昨日は夕方、急に雨が降って
ちょっとした晴れ間の東の空に
ものすごく大きな虹がでましたね

スーパームーンに留まらず、私はあんな大きな虹を見たのは
始めてかも知れません

3日は仲良しのバンドが、吉祥寺音楽祭で
準グランプリを受賞し、スーパームーンを何日も見上げ
仕上げにはビックレインボー070.gif

こんなに沢山のギフトに
感動したゴールデンウィークになりました058.gif

日本は春めいた季節が、花粉と雨期にかわり
昔とは季節が変化しましたが、昨日みたいな虹が出ると
雨のおかげなんだなーってちょっぴり嬉しい

ゴールデンウィークが終わっても
これから夏に向けて、衣替えをして風を感じて
お日様を感じて花を感じて
元気に頑張りましょうー


ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.come0257524_15351436.jpg
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-07 15:36 | 日々の暮らし | Comments(2)

スーパームーン

ゴールデンウィークも半ば

5月6日は満月ですね072.gif 5日は立夏となり夏の気(エネルギー)に変わる

今月の満月は、ここ100年間で地球にこれほど 満月が接近したことはないそうです。
この 「スーパームーン」が何をするのであろうと、
おそらく異常に大きく見えるに違 いありません......

夜、空を見上げられる人は気をつけてみて下さいね029.gif

そしてこの光は太陽が照らしていることを忘れないで下さい。
私たちは、いつも太陽に照らされていることを
内面の中にも光り輝くときを待っていることを
忘れないで下さいね

自分の軸をもって、しっかりと
 
ここにいてください058.gif



ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2012-05-04 12:25 | 日々の暮らし | Comments(0)