人気ブログランキング |

ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

茨城県守谷のママさんのグループ活動

昨日は、NPOフラワーエッセンス普及協会の活動の一つである
被災地への寄付活動として始まった

放射能被災地 守谷でコミュニティーの再生活動している「もりの囁」さんに呼ばれ
フラワーエッセンスの話と参加者への寄付をしてまいりました。

ここ守谷は、茨城県でいち早くお母さん達により
原発事故に対する嘆願書を提出したり、セルフヒーリングやマクロビや
自然農 自然歴などの知識を勉強したりして意識の高いリーダーが活動しています。

守谷ご出身の冨田貴史さんとの出会いは、5月に
旧暦の手帳を販売している高月美樹さんと一緒に
「ホピの予言」上映会をしたことがきっっかけでした。

NPOフラワーエッセンス普及協会では、被災地に出向いて活動している方へも
寄付を決めているので、冨田さんに声かけしたら試したいということで
寄付活動が始まったのです。

「今、わたしにできること〜目に見えないものを見つめて生きていく」
という活動を通じて記録した本が手渡されました。
この街は今ではお父さん達も勉強し始めているそうで

『自分たちの命は自分たちで守らなくてはいけない』
そんな意識を感じて帰ってきました。

本当にその通りで、子育てママさん達から始まっている波は
全国に広がっているのだとお客様を通じ感じています。

年配の方々が若い人達の意識に耳を傾けて
彼らの言い分を取り入れたり。昔の文化をお年寄りから受け入れてバランスの良い
日本の文化に形作られることが今なのではないでしょうか?

震災や自然災害により破壊されたことが沢山ありますが
大切なことは、ここから学んで行動を起こすことであると思います。
忘れないことでありますし、犠牲になった多くの人や環境に
私たちの創造力を発展させることが次の世代に繋げることだと思います。

長い時間かけて起きたことは、長い時間かけて治癒していくこと。
これは大人である私たちが、その間諦めないで祈りを込めてやり続けることである。
だから今の大人達は、無関心になってはいけない。

今からたった1cmしか前向きに進まないことでも、やっていくしかない。
その為に生きているといっても良い。


忘れないでほしい
それが被災地の本音です。






ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
フラワーエッセンスはセルフヒーリングのツールです
by kotohoginohibiki | 2012-10-15 14:32 | 被災地支援 | Comments(1)
Commented by kotohoginohibiki at 2012-11-06 18:18
フラワーエッセンスは、揺れやすい状態を徐々に癒しますので
安定して暮らせるようになると良いと思いますが、
ご本人魂がそうしたい。そこにシフトしていきます。

植物の生長が1年であるように、人も同じ。
海崎さんが地域の湖に意識を持たれたように、ご自身の内面に
意識を持たれますと共鳴していきます。

とても地域の環境は大切ですね。歴史あっての今。
いろんなお年寄りから情報を得て、水のことを深めて下さいね!

またお会いしましょう。ゆっくりとしたペースで(^.^)b