ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

父の手術

昨年末より、体調不良であった父を
毎週ヒーリングと足裏のリフレクソロジーをしに
行っていました。

そして、昨日
しなくてもよい(とあえて書いておきます)手術をし
今朝、無事に退院しました。

しなくても良い。と書いたのは本人がそう申しており
今よりも少し良い状態になるということでした。

年末には、非常に足裏から観ると状態がよくなっていました。
そして「本当に手術をするのか」訊ねました。

大病院の医者の前で、一度決めたことを
覆すことはたいていの人には出来ないでしょう。

本人が決めたことを、周りは受け入れるしかありません。

術後、麻酔が切れるころ見舞いました。
案の定、オーラがビリビリと炎症を起こしているのを感じとりました。

病院サイドから
「持ち込んだ市販のクリームなどは一切使わないで下さい」
そういわれたので驚いて、持たせておいた5レスキューとYESを
母に持ち帰らせました。

そんなこともあるな。と思いました。
私は持参していた5レスキューを
緊張で乾いた父の唇に塗りました。

術前術後で滞ってしまった、チャクラを調整し
オーラが穏やかになるのを確認して帰りました。

父が自宅へ帰ってから、FESフラワーエッセンスの
YES(ヤローー環境フォーミュラ)を使い続けるように
伝えて電話を切りました。

正直、父は病院で疲れたと伝えてきました。

簡単だとはいえ、85才の老人が初めて
肉体にメスを入れるのです。緊張がストレスとなって第4チャクラは
活性化していなかったのです。そして切った臍下部分
第2チャクラもそうです。

このようにメスを入れるだけで
正常だったチャクラは滞り、そこから弱っていくことを
現代医学は知る由もありません。

早く、この世の医療がエネルギー体の身体に
気づかれることを祈ります。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-01-15 15:46 | ヒーリング | Comments(0)