人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ワーカーホリック(働き過ぎ)

働き過ぎのご相談も、女性の方達からよく受けています。
私自身がその体験をして、身体を犠牲にしました。


「ずっとやりたかったことをやりなさい」
ジュリア・キャメロン著

ここからワーカーホリックについて抜粋します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーカーホリックが中毒かどうかを見極めることが難しいのは、それがプロセスへの依存(物質ではなく行為への依存)だからだ。アルコール依存症が酒を絶つことに撚って、しらふになるように、ワーカーホリックの人は働き過ぎを止めることに撚って、本来の自分を取戻す。
 
問題は働き過ぎをどう定義するかだ。その点に関し、私たちは執癖になっている行為にしがみつく為に、自分自身に平気で嘘をつく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とあります。この自分自身に平気で嘘をついていることに気づかない人が多いのは、私たちの時代が経済主義に片寄ってしまったことも原因ですし、仕事で評価を得る。これがその方の力だと思わせて来た日本の教育にも問題点があるのかもしれません。

現代では孤独や貧困(母子家庭なども含む)など家族構成の原因もあるしれません。まだ女性の社会進出としてのキャリアが、出産期を前に、迷う女性たちが増えているのも事実ではないでしょうか。この本には、自分でいられる時間をどのように生み出していくのかに対して、次のようなことも書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「最低〇〇だけはしない」と宣言し、自分の境界線を守り、なかなか実現できない時は側にいる友人の助けが必要かもしれない。その時は彼らにあなたがどうしたいのかをはっきり告げるようにしよう。あなたの目標からそれたときには友人に指摘してもらうといいだろう。ただし、友人自身が、じつは折り紙付きのワーカホリックだったり、あなたを思い通りにしようとしていちいち指図したがる人だと裏目に出る。これが「あなた」の問題であることを忘れないように。誰も、あなたをかんしして回復などできないのだ。

ワーカホリックをいましめる方法の一つとして、「ワーカホリックは創造性を遮断するだけで、何も生み出しはしない。」と書いて仕事場に張っておくという手がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バブル崩壊の真っただ中にいた社会人の私は、まさにこの習慣で身体を壊しました。そしてまだ、このような習慣が残っている気がします。真面目な性格ほど無理をして頑張ってしまいますね。ボランティアも抱え過ぎてきたなぁ。さっそく仕事場に張っています(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kotohoginohibiki | 2017-02-06 13:57 | Comments(0)

ライフエネルギークリエィティブディレクター*岩崎恵美(エネルギーワーク・音叉セラピー・フラワーエッセンスセッション・リフレクソロジー・絵本作家(& ARTSワーク) ☎03-5941-6503 http://kotohoginohibiki.com (木日定休)


by kotohoginohibiki