ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

「魂の植物」 すべてにプラーナが存在する

「バッチの花療法への新しい洞察」
すべてにプラーナが存在する

消化管と直に接して、この位置で新たに解き放たれたエネルギーを吸収しようとでもいうように、生殖器と性腺がある。ここで一倍体の細胞同志の結合、卵細胞と精細胞の融合が起こる。この現象も進化の歴史上の発生であり、温かくエネルギーに満ちた原始の海における生命の起源へのつかの間の回帰である。ここでのみ、繁殖と生命の更新が可能なのだ。
しかし、これらの新鮮な生命力のすべてが、生殖活動において使われるわけではない。この生命力は上昇し、すべての器官、すべてのエネルギー生命中枢(チャクラ)を満たし、天空のエネルギーが意識のプロセスに変わるという、有機体の意識の極である頭にまで到達する。ここ上部ですべての器官にエネルギーの源を有する感情の高まりが知覚される。ここは下腹部で生じる無意識が流れ込む生命現象の対極にあたる。冷静で落ち着いた自己反省の場である。

*****

プラーナとは、物質界層では細胞などを調和して働かせ、その全体を一定の有機物としてまとめ、かつ維持するエネルギーといわれます(神智学大要第1巻ーエーテル体より)

プラーナ循環体系として、太陽プラーナを放射したあと
活力小球と変化し、まずは脾臓中枢で一度吸収されてから脊椎基底チャクラ〜生殖器へと分配されるよう「秘教ーアリスベイリー」では教えられます。

ですので脾臓中枢から分配されたプラーナが各生命中枢(チャクラ)を満たし、天空のエネルギーが意識のプロセスに変わるという。これは宇宙プラーナが太陽に一度吸収され、放射プラーナとして各惑星に放射され、地球も人間もそのプラーナを吸収するので、天空のエネルギーが一度地球に吸収され、放出するとき人間がそれを大地から吸収し、エネルギーが上昇するとき、再び天空のエネルギーの意識のプロセスに変容するというわけですね。

下腹部では物事の消化に時間を割くため、天空の意識(無意識)とは対極になるわけですね。その対極のものを静かに統合し常に反省。

まぁ反省というよりは自己内省する。ということになりましょうか。


*****

この下方にある極には、内的な生物アグニが宿っている「アグニはすべての生命プロセスを、その外見を、強さを、エネルギーを、重量の増加を、生命エッセンスと輝きであるオージャズ(生命エネルギー)を、体温を、生命の息吹を司っている」


・・・・・
[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-04-03 19:38 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)