ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

アナスタシア

フラワーエッセンスを始めた当初、純粋な気持ちで
勉強を始め、不思議な体験をしました。

ヒーリングハーブ社のものを使ってはおりましたが
バッチセンターの学びを受けたのです。

そのクラスにいた初日、講師の話を聞いていたときのこと。

レバノンスギが話しかけてきたのです。
それからフラワーエッセンスの作り方や、自分は丘の上で
太陽に照らされている時、それを眺めていること。

どの木かは目印があるので、それも教えてくれました。
必死に書き留めました。

でも、それ以降作ることはなく月日が流れ
日本のレバノンスギ(新宿御苑)がある場所がわかり
アチューメント(共鳴)してメッセージをもらうことがありました。

今ではレバノンスギは希少で、三鷹のICUでも観察できるそうです。
何年ぶりかにレバノンスギを思い出していると、「アナスタシア」という本に出会いました。
e0257524_18555836.jpg
ウラジーミル・メグレ著

ソロモン王がエルサレムに、あるスギの神殿を作りましたがこれがレバノンスギです。
建築資材であるスギを提供したヒラム王に、またレバノンスギを切り倒した工員たちに
多大なお礼をします。

スギは「アナスタシア」の住むロシアのシベリアスギに至っても
古代より特殊な力を秘めていると言われます。「アナスタシア」は宇宙や植物、動物から
膨大な知識を知り、そのための子育ての仕方や病気の治し方など
鮮明に教えてくれています。

ファンタジーのようで、そうではない人のまだ未発達の脳を活かす方法で
世界を救えることも。。。
それには私たちの純粋性と、創造的な生き方を選択することだと書かれています。

[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-10-15 18:56 | 日々の暮らし | Comments(0)