人気ブログランキング |

ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

父の霊的な目覚め

89歳の父には72歳からヒーリングを試してきました

実家は昔々、江戸築城の時に
太田道灌率いる軍と、地主の豪族との戦いの地。
たくさんの犠牲者が、沼に眠っています。

その話を、よく聞かされましたが
生きているうちに、地域で話をしたら?と
意見してきましたが 動くことはありませんでした

新聞社に勤めていたのだから
伝えることが役割と思ったのです.....

神棚の仕事を幼い頃からやっていた私だったので
地域では二百柱を祀っていることも、知らされていましたが
父と同居の姉には、最近やっとその話をできたようです。

実家を引き継ぐ姉に、やっと地域をお守りくださる土地神様の
祭壇の引き継ぎも出来たそうです。

デイケアーに行くたび、集まる同年代のお年寄りや
孫の代のスタッフたちに話しているんだよ。と言っておりました。

姉と父が介護を通じて、ゆっくりと話ができるようになって
姉は最後でした
大事な引き継ぎを、平等にしてくれたことが私も嬉しかったです。


ここまで来るには
父と姉にも確執があって 
私は いつも姉とは平等に扱って欲しかったし
姉もそうだったと思うのです


『ここに住む人が知ることが、犠牲になった霊たちの供養になるからね』
そう父は言っていました

父が引き継ぎたいことは 物ではなく
人の思いなのです
歴史からの 住む土地との関わりなのでした


私からは 父へ一つお願いをしました


戦争を体験し、高度成長を担った世代の代表として
総括して欲しい
間違ったのなら、子の世代の代表として謝ってほしい


家族の中で 「仕方がなかった」ではなく 正直に本音を 伝えて欲しいのです










by kotohoginohibiki | 2019-09-17 17:36 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)