ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 13日 ( 1 )

最新の写真が示す、道標

「魂の植物」


最新の電子顕微鏡またはキルリアン写真は、この方向を示している。


人が瞑想状態でメタ・レベルに到達し、過去からのプログラミングで刷り込まれた感知法のなかに隙間が現れ、カメラのシャッターを押すまさにそのとき、ある種のメタ写真のなかに、完全に新しい画像は、禅写真と呼べるような、文化的なフィルターを通していない画像である。

メタ写真のなかに見るものは、純粋な感覚が事前に刻印されたイメージによって覆い隠される皮相な花の妖精と植物デヴァの表現とは反対である。

*****

このページの下りは、私の一番好きなところです。
私たちは、たくさんの教育を受けてきていて植物とはどういう視点で描かれるもの。
動物たち、魚たちも同じ。そして技法だけを見て上手だとか下手だとか
評価しているだけに過ぎず、
物質に至ってはその作者の深い想いまで受け取られている人は少なかろう。

人がメタ・レベルに到達するとはいったいどんな状態なのでしょうか?
ここでは形而上学的に捉えて、「高次のレベル」「超レベル」。。と捉えることにしましょう。

キルリアン写真は、数年前から日本でも見ることができます。
オーラ写真も撮ったことがあります。

インスタグラム写真がこんなに流行っているのは、写真に触れさせ
いつの日か、瞑想状態に人が入ったときに
今よりもたくさんの人が、教育や文化的な影響から離れて自然物を見出すためかもしれません。


純粋に自然と触れる人のなかに、新しい感覚の表現を待っています。

フラワーエッセンスを学ぶ全ての人に。花の自然な状態を観ましょう。
彼らと一緒に瞑想しましょう。


新しい表現は、新しい時代の始まりである。

・・・・・・・
[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-02-13 13:31 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)