ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 02日 ( 1 )

「魂の植物」 消化能力が、拡大発展と変容をもたらす

「バッチの花療法への新しい洞察」
消化能力が、拡大発展と変容をもたらす

細菌という微生物は生命の源泉に非常に近いので、細菌自身が生命力、繁殖力に満ち溢れているのは、不思議なことではない。30分毎に分裂する細菌は理想的な環境では、たったの1個が24時間後に3億個になる。2、3週間後には理論上、地球より大きな塊になる。彼らは、複雑でない組織化段階にある高度に専門化した生命を表現しており、それゆえに怪物のような繁殖能力をも持っているだけではなく、新しい生存条件化では形と習性を突然変異させる能力をも持っている。適合させるのである。彼らは最終的に固定されてはいず、若い被造物の柔軟性をまだ持っている。精子といくつかの花粉のように、この単細胞生物は時に小さい鞭毛を有し、その鞭毛はかつて原始の海にいたときのように、前に進んだり「泳ぐこと」を可能にする。

*****

この文章を、人間のことに置き換えてみましょう。
するとわかりやすくなりました。

「細菌は私たちの身体の中でも創造の大切な環の一つ」なのでしたね。

私たちの創造するものには、拡大発展していく能力を持っているだけではなく
生きている間に、今までの形や習慣を突然変容させる能力をも持っている。
私たちは、最終的に「死」のプロセスを得ても最終的には固定されずに、若々しく柔軟性を持って原始の海にいたように動き回れる存在なのですね。

ちょうど、文章は「生と死のプロセス」または生命プロセスについて、インド思想やアーユルベーダの話に移ります。物事を自分の中で消化できないことは、身体の中でも消化できずにいるため、シャクティの力のエネルギーが解き放たれないことになります。

心も身体も、あなたの消化能力が落ちている時、立ち止まってください。
そしてエネルギーを充電することです。
そうしたら、再び、動き出して私たちは古い固まったものから解放されると言っています。


*****

生と死のプロセスは、消化と繁殖をつかさどる下腹部に緊密に関わり合いながら存在している。この場所は、インドの思想によるとシャクティ力(生命力)の源、エネルギーに満ち、本能を解き放ち、すべてを破壊し、すべてを産むクンダリニ蛇の洞穴である。

生存するために、人間を含め動物は他の生命体を滅ぼさなければならない。じゃがいもであれ、ウサギであれ、獲物は殺され、かみくだかれ、唾液と混ぜられ、塩酸、酵素で処理され、最終的に食物のなかに閉じ込められたエネルギーが解き放たれる。古い結合から解放された生命力であるエネルギーは、ここで有機体に自由に提供される。


・・・・・
[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-04-02 18:24 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)