ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 12日 ( 2 )

「魂の植物」 朝露のトータルエネルギーを創る

「バッチの花療法への新しい洞察」
朝露のトータルエネルギーを創る


汲みたての泉の水をガラスのシャーレに満たし、摘みたての花を入れ、花びらが水の表面浮かぶようにし、そのシャーレを太陽光線の下に置いた。数時間後、水はエネルギーで満たされた。彼は四つのエレメントすべてを取り入れる方法を見つけたのだ。「植物を支え養う土壌である大地、それを育てる空気、植物のエネルギーを転写する能力を与える太陽または火、そして水がその有益な治癒力を受けとり、蓄える」こうしてトータルな自然から得られたシンプルな治療薬でトータルな人間が治療される。

*****

朝露の形から、人工的にひっくり返した形を透明なボールに見立て
そこに湧き水を汲んで、花を浮かべて四大元素のエネルギーすべてを転写する。

朝露を人工的に作り出す仕組みです。

この方法がバッチ博士が生み出した、トータル的な人間を治療するトータル的な
薬として人間が治療される。というのです。


*****
e0257524_18201626.jpg
あるウェールズの漁村でバッチは静養し、新しい洞察を書き留めた。
その作品「Heal Thyself(汝自身を癒せ)」はカビ臭い研究室の産物ではなく、野原や、海水浴後の海辺で記されたものだ。


・・・・・
[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-05-12 18:22 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)

「魂の植物」  美しいエネルギー

「バッチの花療法への新しい洞察」
美しいエネルギー


ある5月の朝、みずみずしい朝露が彼の靴を濡らしたとき、バッチに一つの重要なインスピレーションがもたらされた。太陽は明るく輝き、花のなかで露の雫がまるでダイアモンドのようにキラキラと輝いていた。彼が仏教徒であったなら、きっと聖マントラ「魂の花のなかの露よ」を歌い出したであろう。それは隠された脈絡を突然洞察する悟りに似た状態だったに違いない。それは朝露が花から治癒エネルギーを溜め込んでいることを理解させた。ここにもっとも自然な希釈の方法があったのだ!

*****

花のなかで朝露の雫がダイアモンドのようにキラキラしている姿を
日常のなかで見つけるでしょうか?

シンギングボウルをされている、仲間の一人は
朝の植物たちの写真をたいへん美しく撮ります。私は彼女の写真が好きです。

それを拝見していると、本当にエネルギーを感じ取れます。
彼女に、特別な一眼レフとかで撮っているか聞いたことがあります。

普通のスマホだと教えてくれました。

きっと人によるんだと思いました。
私はそのような美しいショットを見たことがありません。

ほとんどの写真が情報であって、芸術的な意識からではないからでしょう。

バッチ博士も、感動したのでしょう。
美しいものは感動し、人間に閃きをもたらすものです。
太陽光を浴びた花の朝露の方が、日陰の花の朝露よりもエネルギーが高いと、
感じられた博士の感覚が素晴らしいですね。

自然と一体化していないと観察できなかったと思います。


*****

水を小さいビンに集めたところ、十分に太陽の光を浴びた植物の朝露は、日陰の植物の朝露よりずっと強く振動していることがわかった。花のエネルギーを水に転写したのは太陽の輝きであった。朝露を集めるのは骨が折れ時間がかかるので、彼は自然のプロセスをなぞってみることを試みた。



・・・・・
[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-05-12 12:23 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)