人気ブログランキング |

ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:地域( 40 )

西荻チャサンポー10周年 無事終了

たくさんのご来店、誠にありがとうございました。

三年ぶりの参加で、気づいたことは

フラワーエッセンスを知っている チャクラとオーラを知っている

シンギングボウルを知っている 方が増えていることでした

人が集ったときに 音浴のお試しをさせていただきました

お店にいらしたお子さん達は

アニメで チャクラとオーラ 錬金術 という言葉をすでに知っており

実際に体験して 身体が温かくなったり 遠くまで振動を手で感じたり

実験して帰ってくれました


また、音叉の振動を 身体で感じてくれた方も

いらっしゃいました

とても感受性の豊かな 若い世代と出会えて 日本の未来に 希望が持て

とても嬉しかった体験をさせていただき

心から感謝申し上げます

また 西荻を楽しんでくださいまして ありがとうございます



by kotohoginohibiki | 2019-11-04 17:56 | 地域 | Comments(0)

西荻チャサンポー10周年

西荻チャサンポー10周年_e0257524_10585008.jpg
チャサンポーが開始しました! 11/4日まで開催中

西荻チャサンポー10周年_e0257524_10583202.jpg

当店では今年3年ぶりに参加です。
ご用意のお茶はエルダーフラワー・風邪や花粉症の水毒症に作用します。
少しですが、販売もしていますので試飲ください。

クセがなく飲みやすい。と昨日は評判が良かったです
効能はコレ!

西荻チャサンポー10周年_e0257524_10583802.jpg


by kotohoginohibiki | 2019-11-03 11:03 | 地域 | Comments(0)

西荻チャサンポー10周年

明日から3日間西荻窪では、各店舗が参加してお茶を振舞います。遊びにいらしてください。


ことほぎの響きでは、風邪や花粉症状緩和のエルダーフラワーTEAをご用意
試飲できます。限定ではございますがエルダーフラワーの販売も行います。


日程:11月2(土)3(日)4(祝月)
時間:11〜18時

イベント

フラワーエッセンスご購入時に、チェックシート無料診断も行っております。
この機会に、初めてのフラワーエッセンスをお試しになりませんか?


*
尚、振り替えのため11月8日(金)はお休みさせていただきます。
11月10日(日)は通常営業
*
営業が通常と違いますので、ご迷惑おかけいたしますがご了承ください。


店主

by kotohoginohibiki | 2019-11-01 07:41 | 地域 | Comments(0)

お子さんとの関わり

お子さんとの関わり_e0257524_14070246.jpg
お子さんの子育てに悩む親御さんは沢山いらっしゃいます

夏休み、子どもがいるから自由がなくなる って思う人も いらっしゃるのでは?
そう思う親御さんたちは、思いっきり ご自身を解放されることが
求められます

お子さんと ただ 遊びに付き合えますか?

大人は
言うことを聞かせようと、いろんな知恵を働かせます。

お菓子を与える
ゲームを与える
叱る
叩く

これってどれも、子どもを支配することに 知恵を働かせただけ

お子さんは ただ お父さん お母さんと
遊びたいってこと 

だって
お父さんや お母さんが 笑顔でないから

大人の あなたもそうだったね
子どものころ もっとお父さんやお母さんと 遊びたかったよね

そのときできなかった 思いっきり遊ぶことを
せっかく この世で ご縁を繋いだいのちのお子さんと
一緒に思いっきり 遊んでみてください

遊びは 彼らの コミュニケーションなの
そこから発信していることは 沢山あります

健常者とか 障害者だからとかは 全く関係ないんです

障害を持った子は たくさん遊びが必要かもしれない
お父さんや お母さんが 遊んでこなかったから
一緒に たくさん遊ぼうよって
生まれてきてくれた 天使たち なんです

遊びをやめさせられた子供さんは イライラします
そして駄々をこねます
言うことを聞かない
食べてくれない
大人にわがままを言いだす

さて 困ったな

お子さんは 繰り返し同じ遊びに喜びます 大人は飽きてしまうでしょう
でも それを乗り越えて 
お子さんは 思いっきり笑って遊べたとき 満足感を得られます

いつもできない お片づけができました
トイレに行けました
お水を取ってくれました
お母さんをちゃんと 待てました

遊びこそが コミュニケーションなんです
人とのコミュニケーションができることは これから先
お子さんが社会に出て行くとき もっとも安心感を与えられます




by kotohoginohibiki | 2019-07-26 14:11 | 地域 | Comments(0)

聖バレンタインデーに思う

聖バレンタインデーに思う_e0257524_11452244.jpg
聖バレンタインデーに思う_e0257524_11431532.jpg
聖バレンタインデーに思う_e0257524_11432528.jpg
ここ1年に焼き菓子と洋菓子の専門店が3店舗も開店したんですよ〜
一番最近のお店の店内が可愛かったので、写真を撮りました。

早いもので、西荻窪の地に住居を構えて18年
自分たちがこの地に落ち着くまで、いろんな方々とのご縁がありました。
そのすべての皆様を感謝とともに、こころに深く刻んでいます。

家族やお客様はもちろんですが、60年以上続く西荻南の『寿々屋』さんは私に特別なお店です。

子供がいない私には地域の関わりがなかなか持てないでいましたが、
ここのご夫婦は、この土地の新参者の私を快く迎えてくれました。

8年前にお店を開いたときには、お祝いのパーティーをしてくれました。
私が経営を悩んでいる時も、自営業の苦労も喜びもお話ししてくれます。

私の突拍子もない提案を、面白がって一緒にやってくれます。

19年間、社会復帰できないでいた私が解放されたのも人のつながりです。
大好きだった仕事を辞めてから、自分の居場所を見つけられなかったんですね

長く続くお店から、新しいお店まで西荻窪は混じり合って面白い街です。
お店を開いたことで、地域のつながりが強くなりました101.png

自分も地域で関わっていく方々へ、ただ一緒に並走するだけでなく
その方の居場所が見つかっていけると嬉しいな〜173.png173.png



by kotohoginohibiki | 2019-02-15 12:10 | 地域 | Comments(0)

全国で、認知症は10人に一人

全国で、認知症は10人に一人_e0257524_16454580.jpg

全国で「認知症」とは、どういう病状かを知り、家族や周りの人の対応や
地域の中で生かしていく活動が始まっています。

各市町村でお調べ下さい。

2004年に、それまで「痴呆症」と言われていたものを「認知症」に
改められました。

痴呆という言葉は、江戸末期から明治初期頃には世の中で
使い始められていたといいます。

全国の高齢者(65歳以上)に対して「認知症は10人に1人」
85歳以上に対して「認知症は4人に1人」となりました。

ご家族の心の準備の経過     

1、戸惑い。否定
2、混乱。怒り
3、割り切り
4、受容

というプロセスを受けていきます。
この流れで見られるように、1、2のあたりでは
ご家族の精神的ストレスも現れて行きます。

「認知症」の当人に対して、周りの接し方

驚かせない    急がせない    自尊心を傷つけない

この3点が挙げられます。

21日のフラワーエッセンスの研究会でも、認知症患者の方の前に
ご家族への処方をする。とおっしゃっていました。
この対応がなされない時、「認知症当人」の症状を悪化させる可能性があります。

母は骨折や転倒を繰り返しています。
その周りの家族が、強い言葉だったり急がせたりしてしまいます。

セラピストの私は、ゆっくり話をしながら手をとって
ゆっくり歩かせます。母はやればできる人。

これだけの違いで、母を怯えさせず心を安定させられます。
下の世話も、このように対応していくことで
「認知症の方」は自分を責めず萎縮せずにすむと思います。

全国で、認知症は10人に一人_e0257524_16461011.jpg

ゴムの輪っかを、行政は何かとくれたがります。ちょっとダサいね。
こんなものがなかろうと、皆が「病気」を知ることが願いです。

家族も当人も、途中経過で発症する心の問題に対して、
解放するフラワーエッセンスやエネルギーケアも世に伝えていくことは必須だろう。

最後に講座の看護師さんとアロマのお話もして、協力しあえることを話し合った。
セラピストやプラクティショナーこそが、このような地域の講座に
積極的に参加し、情報を伝え交換していってほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kotohoginohibiki | 2018-01-23 16:50 | 地域 | Comments(0)

西荻チャサンポーが終わり

西荻チャサンポーが終わり_e0257524_11514861.jpg


2017年西荻チャサンポーが無事終わりました。
毎年、遠くからもお越し頂くほど
有名になっているようで驚いています。

仙台から1泊で西荻チャサンポーを楽しむこの男性。
チャサンポーのトレードマークのヤカンを
マイデザインしてお散歩中をパチリっ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kotohoginohibiki | 2017-06-13 11:54 | 地域 | Comments(0)

ライラックに会いに

ライラックに会いに_e0257524_11352366.jpg
ライラックに会いに_e0257524_1135797.jpg


西荻の善福寺公園の池のところにライラックが咲いています

低木で女性的で繊細な枝ぶりです

美しい薄紫色の花は、十字架を背負う4枚の花弁です

ライラックの下で目を閉じて暫く、共鳴してみました

枯れたようにみえる枝の先にも、花が咲き

再び葉をつけるライラックの姿が そこにありました

フラワーエッセンスの作用

・魂を若返らせる記憶の底にある源泉と繋がる。
・魂を喜びと人生の意味に繫げる記憶の力を刺激し、神経学的な再生をもたらす

私たちは人生の喜びを、どうとらえているかで
年終えるまで その一つ一つの体験から
気づきを得られます。それは病気だとしてもです。

特に人との関わりでしか愛を体現できない方には
カラダが動かなかったり 誰かと愛を育めない状況だったり
人との関わりが減っていく過程で、孤独や孤立 または一人取り残されたように
感じられるでしょう。

脳の病気や記憶に関する症状は、なぜ起こるのでしょうか?

アルバムをめくるように 沢山の豊かな喜びをもっている
ことに気づくでしょう。
私たちの記憶が 色褪せることは無く
いつでも喜びの 扉を開けて 元気を携えて生きよ。

そうライラックの花が語りかけてくれます


【ライラック メディテーション】

私たちになす術が無いと思うときでも

その淡い紫色の想像力を携えて閃き 

そして励ましてくれる

やわらかい成長の果てに 

私たちの真価が問われるとき

再びその痛みは 

前に進めるためにあるんだということを気づかせてくれるだろう



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kotohoginohibiki | 2017-05-02 12:06 | 地域 | Comments(0)

鯉が舞う・西荻散歩

鯉が舞う・西荻散歩_e0257524_157191.jpg


善福寺公園では5月7日まで
池の上に、鯉のぼりが風に舞っています
気持ち良さそうでした

駅の方から、井荻小へ向かう途中の川沿いに
右側に珍しい桐の花が観られます。

桐も和ハーブです。
昔は娘に持たせる桐ダンスで有名ですが
こんな可愛らしい花が咲きます。
鯉が舞う・西荻散歩_e0257524_15163598.jpg

鈴なりとはこのことで、巫女さんが舞う手に持つ鈴に似ています。

家紋ではよく見かけますね
[#IMAGE|e0257524_155337.jpg|201705/01/24/|mid|500|375#

ゴマノハグサ科に属します。
痔には、乾燥した樹皮、葉を、
1日量10~20グラムを水0.5リットルで半量まで煎じて、3回に分けて服用するという
また、痔、打撲傷などには、煎じた液を患部に塗布する
養毛料には、乾燥葉枝5グラム、水0.4リットルで煎液で毛髪を洗う

乾燥した果実は、気管支炎などに適量を煎じて服用するという
木質部は、乾燥して煎じた液を、打撲の足の腫れなどに塗布する
根・根皮は、乾燥して煎じた液を、リューマチなどの足の痛む患部に塗布する


ハーブ研究も良いかもしれません!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kotohoginohibiki | 2017-05-01 15:18 | 地域 | Comments(0)

卒業式に呼ばれて

卒業式に呼ばれて_e0257524_12384483.jpg


卒業を迎えられた全ての方、おめでとうございます。


昨日は地域の小学校の卒業式に呼ばれて行ってきました。

卒業生は皆さん、卒業式に次の中学校の制服を着ていました。

一通りの行事が終わり

卒業生と在校生(4、5年生)の、掛け合いの言葉と歌が始まって

その間に座っていたのですが

とっても感動しました。

こんなに幼いときに、未来を宣言していたことに

私は、自分の昔を振り返りました。

「自信を失っても、上手く事がすすまなくても、
今日の誓いを忘れない。」と宣言していたんですね〜

沢山の人に支えられて、ここまで来られたことに感謝していること

自分の掲げた夢を忘れないこと

メゲそうになっても、毎日やり続けることで

夢に迎えること

仲間達とともにやり遂げてきた、感動を忘れないこと

卒業の日に、こんな誓いを立てたこと。

だから、私達の純粋な目的に従えないとき

私達は苦しいのだと思いました。

本当に、この日を忘れていたなぁー。

お母さん、お父さん、お爺ちゃん、お婆ちゃんも

大人たちは、忘れてはいけないよね♡


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kotohoginohibiki | 2017-03-25 12:49 | 地域 | Comments(0)