ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:夢解読( 31 )

カラスウリが語りかけてきた


e0257524_11025357.jpg
e0257524_11031581.jpg


「カラスウリ」は日本の野生種。
突然、夢に出てきて秘教の先生にお伝えしていた。

「カラスウリ」と言っても、赤色もあれば黄色もある。
日本での朱色は、この赤いカラスウリから取っていたことがわかる。

そういえば、数年前の夢で「辰砂」が出てきた。
この辰砂こそ、朱色を示していることも今回わかった。

写真は、黄カラスウリの左が雌花、右が雄花

漢方に使われるのが、この黄カラスウリなので
どうやらこの黄カラスウリがピンとくるし
秘教の先生が登場したことも、黄カラスウリなのではないか?

私の中で想像をめぐらすけれど
答えはまだわからない。

「カラスウリ」の花はとても珍しく、日暮れから朝方にかけて
夜しか花が咲かない。

ここまででも私をワクワクさせる。

しかも

雄花はよく見かけられるが
雌花はなかなか咲かないときた!

今、研究している日本のカラマツの花も
同じように雌花が咲くのはごく稀であることが
今年の観察でわかったこと

同じだ!!!!
私の胸の高鳴りは さらに増していく

この花の出で立ちも
先からクラゲのような糸状に分かれている。

夜に咲く花なのに
光を降ろしてくる「白い花」というのも
なんともファンタジーではないか



[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-10-31 11:18 | 夢解読 | Comments(0)

日本らしい夢を見ました

「少女二人と共に、八咫烏の紋章の神社をお参りする」という夢

熊野大社に行くのかなぁと思いつつも
急には行けません。

八咫烏がキーワードなことはわかっています。
その直前に、白いバスに乗りカバンには白い傘を携帯して
自分が監督の映画の試写会を見に行く。と
そんな場面だったので、

八咫烏を良い意味で解釈して良いかもしれないと
感じました。

東京に熊野神社があったあった!
e0257524_16444812.jpg
実家と共にいざという時に病気の私も、よく通っている病院
東京医大のすぐ近くでした。

新宿中央公園に沿って都庁からも近くにあります。
e0257524_16445905.jpg

何年も前に、2mくらいあるカラスが立っていて
ここの主だなぁ。と言っていた夢を思い出しました。
久々のカラスの登場
e0257524_16450617.jpg

自他共に感情の波が押し寄せようと
真実や清らかさによって、私を保護し迷いの無い道を指し示してくれるだろう。

と解釈しました。

いつか熊野大社にお参りに行かなくてはな〜〜感謝ですね!








[PR]
by kotohoginohibiki | 2018-10-03 16:59 | 夢解読 | Comments(0)

季節はずれの「Xmasの夢」

e0257524_11135471.jpg

1年に何度か、Xmasの夢を見ます。

Xmasの商品を作ってきた私なので、

その仕事場のメンバーでXmas商品を作っていた夢も

何度も見てきました。

今朝も写真のような、Xmasの飾り付けをしている夢を見ました。

現在とっているフラワーエッセンスは、花粉症のために調合したものを

オイルに混ぜて、鼻の粘膜に塗布したり

目に塗布しています。

この時期ガサガサになる鼻の中の、皮膚が修復されてきましたので

そのことに対して見た夢かもしれません。また、傷めている左肩の

原因にやっと気づき、セルフケアの対処法が見つかったから

Xmasの夢を見たのかもしれませんね。

お客様の「痛み」に対しての解決法を見つけたとき

自分の「肩の痛み」にやっと目が向いたのです。

ハーブとして、ラベンダーやカモミールは痛みの緩和に役立ちます。

それを冷湿布し、自分のためにもケアしようと気づきました。

Xmasの夢を見ると、とても満足した気持ちになります。

夢の解釈は「祝典」です。

キリストとも関係のあるXmas。

キリスト意識と解釈すれば「愛のパワーに目覚めること」になり

より高い気づきを

与えたり受けとったりすることを意味します。



自分のために学んできた知識が、アロマインストラクターとして

他の方の役に立ったとき

それは自分に戻ってくることを再び体験しました。

「気づき」には限界がありません。

日々、成長しながら

今まで気づかなかったことが、腑に落ちて

自分の肉となるのです。カラダの治癒に関係する言葉の由縁


一人の人間として「愛」について

体感しながら 真理に近づいていけたら

良いな。と思えるようになりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kotohoginohibiki | 2017-03-15 11:33 | 夢解読 | Comments(0)

特別な夢「翁」

今朝は、久しぶりに特別に感じた夢を見ました。

3人でオートバイに乗り、着いたところでの会話

「翁」の能は一度見ておくと良いよ!

そう言われました。

なんだか気になって調べてみると、どうやら

能でありながら、能ではないようです。

お正月とか、初舞台の折りの演目だそうです。

見ておくと良いというのは、きっと私に必要だからなので

これから「能・翁」に注目していようと思います。

e0257524_1332955.jpg

[PR]
by kotohoginohibiki | 2017-03-06 13:03 | 夢解読 | Comments(0)

膵臓とセントーリー

ドリームワークから、こんなメッセージが
来るようになりましたので、ちょっとシェアします

昨日は、ある男性に「膵臓が弱っているのでヒーリングしている」夢でした。

今朝は、家族にお手紙を書いている夢。

実際、肉体の膵臓の反射区は何ともありませんが
この腑たちから読みとれるのは、家族に当てはまるのが
セントーリーだったので、カルペパーのハーブ事典を読んでみました。

e0257524_1355419.jpg

《内服に》
肝臓や胆のう、その他に膵臓に作用するとあったのです。

手や音叉を膵臓辺りに当てヒーリングしながら、セントーリーを飲むんだなと
自分で理解しました。

自分で知識があると、ここまでリーディングできるようになります。

沢山の方が、メッセージを自分から受けとれるようになって欲しいです。
そうしたら、未病を防ぐことが出来ると真剣に思うんです。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-11-07 13:57 | 夢解読 | Comments(0)

サクラ(Sakura)

e0257524_1184784.jpg

サクラの苗木を
日本の始まりの淡路島ご出身のお母さんから

『これを植えて増やしましょう』
と言われた夢でした。

日本を代表する花。皆んなにも振り注いでいるコトバ

夢として
サクラが意味するところ

・ものごとの春を告げること
・新規のことすべてへの祝福
・やらないよりはやった方が良い。咲かないよりは咲いた方が良い

先週、多摩川の浅間神社へお参りした影響かな
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-09-05 11:15 | 夢解読 | Comments(0)

今朝は夢の目覚めは『真っ赤な秋』の歌を歌ってました

今年の種まきの収穫の秋がやってきたサイン
*********************************************

「真赤(まっか)な秋」
薩摩忠作詞・小林秀雄作曲

まっかだな まっかだな
つたの 葉っぱが まっかだな
もみじの 葉っぱも まっかだな
沈む 夕日に てらされて
まっかなほっぺたの 君と僕
まっかな 秋に かこまれて いる

まっかだな まっかだな
からすうりって まっかだな
とんぼのせなかも まっかだな
夕焼雲(ゆうやけぐも)を ゆびさして
まっかなほっぺたの 君と僕
まっかな 秋に よびかけて いる

まっかだな まっかだな
ひがん花って まっかだな
遠くの たき火も まっかだな
お宮の 鳥居(とりい)を くぐりぬけ
まっかなほっぺたの 君と僕
まっかな 秋を たずねて まわる
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-08-15 11:16 | 夢解読 | Comments(0)

「第7回・恐れ改革期」

選挙の日に降りてきた言葉です。
この言葉が伝えることは何だったのだろうか?
一日中、この言葉と向き合っていました。

静かに、共鳴しているフラワーエッセンスを選んでみました。
それはマウンテンプライド
e0257524_1365996.jpg




自分が真実であると知っていることを、行動に移せる能力は非常に大事なもので
「善と悪」「真実と偽り」を学んでいくとき、魂は社会の中で立ち上がらざる負えない時がある。とくに現代社会では、それぞれの個人が社会への不満足や幻滅をポジティブな変化のエネルギーに消化させるのを学ぶことが緊急の課題である。

『積極的な行動は個人の強さと魂の発達だけではなく、真の世界平和のために重要な癒しの道具である』と学ぶ必要がある。

マウンテンプライドを通して魂は、善と真実の力に自己のアイデンティティを整合させることで、この世界の中で、世界の平和のために立ち上がることを学ぶ。(フラワーレパートリーから抜粋)


2010年のインテンシブセミナーでフィールドトリップに行ったとき、
高地の岩場に生息したマウンテンプライドの花を、皆で観察した。
岩場の中で美しいマゼンタ色の可愛い花をつけていた。
その花をスケッチしながら、気高さと力強さを感じたものだった。
より高く、厳しい環境で耐え抜くパワーを与えてくれるエネルギーの花。


私はずっと、息を潜め「善と真実」を観てきました。
長い長い習慣的なものに立ち向かう時、あきらめている人に会いました。
「どうせっ」という言葉で、私たちの士気が失われてしまうのは
どうして? 個人的問題でゆとりが無いから? 真実の情報が無かったり?

長い間、メンタルに作用するハーブを扱っていますと
個人的な問題と国の問題は同じなのだと気づきます。


氣高い志の日本人でありたいですね。人の道をともに歩きましょう。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-11 13:09 | 夢解読 | Comments(0)

カブトムシの夢

高いビルの上階で、人と集まっていると

女性の方から、

「沢山のカブトムシを
子どもが取って来たので
貰って欲しい」


そう言われた夢を見ました。


カブトムシやコガネムシは、幸運を象徴しています。
エジプトでは太陽神の使いとされ、神性な生き物でした。

チャンスや利益を象徴しています。
コガネムシやカブトムシの大きさが、利益の大きさや量に比例しています。

また、鎧を着た騎士のような英雄的印象があることから、
太陽や男性的なもの、永遠を象徴しています。


ここ3ヶ月の間の私の変化を

お楽しみに!

*フワラーエッセンスは、夢として私に
メッセージを送り続けてくれます。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-04-02 12:49 | 夢解読 | Comments(0)

性エネルギーと向き合う

13才のころ、私は自分の欲求を飲み込んでしまいました。

「歌を歌っていたい。」

ただ、そんな欲求だったのです。

その時は分からなかったことですが、歌うことを通じて

自分を取戻した私の経験を活かして

昨年から「音」のセラピーを立ち上げようと研究を始めています。

ここ数日の夢で毎日、

能力や積極果敢に立ち向かうことから

逃げてしまったことと向き合いなさい。


そう告げられています。

これは性エネルギーのクンダリーニとも関係のあるお話。

大人の私が思春期の頃の、自分の欲求から

逃げてしまったことは、何故なのだろうか?

幼い頃にこのトラウマになったことが、不妊や子宮疾患とも関係があるようです。

その頃に向き合わなかった自分が、後々に大きな代償を払うことを

夢で教えられました。


今、第2チャクラの疾患を抱えている皆さんにも

きっと同じような課題が隠されており

幼い頃の真の欲求に、大人になり答えられているか見直すときが

与えられているのかもしれませんね
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-03-30 11:56 | 夢解読 | Comments(0)