ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

穂高養生園

穂高養生園に行ってきました。
ここを知ったのは、もう10年前かしら。

それまで,偶然にも10年くらい毎年、安曇野に来ていました。
ここを終の住処にしようと思った時期もありました。

養生園は、フィンドフォーンのフラワーエッセンスを作ったマリオンの本に、
載っていたから、いつか行ってみたいと思っていました。

ここは1人参加も可能ですが、お部屋が込んでいる時は
相部屋を覚悟してください。

お食事は野菜の 浄化のためのメニューになります。
e0257524_16491169.jpg

5時まで アロマテラピーや 枇杷の葉 温灸が受けられます。

朝は、お散歩か ヨガのプログラムがついています。
e0257524_16493161.jpg

今朝はヨガのプログラムだったので
3人で朝のお散歩に出かけました。

建物は木造ですが、朝の香り立つ木の香りには
驚きました

e0257524_16484429.jpg


また一人でも、来たい養生園です
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-31 16:53 | 日々の暮らし | Comments(0)

「第8のチャクラ」ー感情の蓄積に気づくこと

これまでの人生における感情の蓄積に気づいていくうちに

人生の出来事の断片がそのように協力し合って 

自分の過去 現在 そして健康状態に

影響をおよぼしてきたのかが

理解できるようになる。

この認識のことを、私は(キャロライン・メイス著者)

「象徴的なものの見方」と呼んでいる。

象徴的なものの見方をすることによって、

エネルギーと活力を取り戻し

感情的に 霊的に そしてときには

肉体的にも癒されるのである。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-27 17:24 | ヒーリング | Comments(0)

第8チャクラー聖なる約束

これからの医療として、注目されている直観医療
直観医療師の本『第8チャクラ』から少しづつお話ししていきます。

++++++

自分のことが理解できず,目的も見つけられなければ,自分自身だけではなく
他者をも傷つけてしまう。

誰でも自分のために、自分の使命が何なのか知っておく必要がある。なぜなら、
生き方の細やかな部分が積み重なって,健康を生み出したり病気を起こしたりするからだ。
『7つのチャクラ』でも書いているように

「カラダは人生の履歴書だ」ということである。

別の言葉でいえば、人が経験する小さな悩みや大きな心の傷が、そのカラダを巣食い、
エネルギーに悪影響を及ぼしたり,それを遮断したりする。だから、
人生の本当の使命から遠ざかれば遠ざかるほど,人はいらだち
エネルギーが調和しなくなるのは当然なのだ。

自分の使命がわかれば、エネルギーを有効に使うことができる。
自分のエネルギーとうまく調和すれば、自分が持つ力を最大限に表せる。

これは
「自分という魂が、ここへ降りてくる前にかわした聖なる約束に従うこと」

だたし、これを思い出すことがなかなか難しい。
人生を外側からだけでは人生の使命や、「約束」を見極めたりすることは難しい

人生の目的とは、仕事や趣味や恋愛関係だけではないから。

『聖なる約束』とは、個人的な力と霊的な力との統合的な関係だ。
それはエネルギーをどのように扱い、
誰にあたえ聖なる導きに身を委ねる意志がどれくらいあるか、ということである。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-24 12:43 | ヒーリング | Comments(0)

マンダリンの精油

e0257524_17172336.jpg


今、ボディートリートメントのセミナーに通っています。
そこで今までAEAJで使ったことが無い精油を試そうと思い

マンダリン

を選んでみました。

柑橘系だったのね?AEAJ以外の精油って全然使わないので未知の世界。

歴史と神話

中国の高級官僚達がむかし、「マンダリン」と呼ばれていたそうです。
そうした中国の体感たちの主君に尊敬の印として捧げられていたとされます。

心への働き

心を明るく高揚させ、また抑うつと不安を払いのけるのに役立ちます。

カラダへの働き

◎消化を促すことから、食欲を刺激します。
とくに病気の後や抑うつのせいで空腹感の無いとき,その力を発揮します。

◎肝臓を刺激する効果あるように思われ、胆汁の分泌を促し,脂肪を消化させます。
同時に腸を鎮静させ、腸内ガスを排出するのに働きます。

◎マンダリンは穏和な精油として、妊婦にも子どもにも(量を少なくして)
体が弱っている方へも仕えるといわれており、正気を蘇らせ、強める作用があるようです。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-23 17:28 | アロマテラピー | Comments(0)

13の暦

13の暦を使っている方が,周りに増えてきました。

私の場合は KIN2 です

太陽の紋章   白い風
ウェイブスペル 赤い龍
銀河の音    2

といっても何だか良くわからない人が多いと思います。

私のその1人ですが、そもそもマヤ人がつくったとされるこの暦ですが
これ一つではなく、さまざまな暦を使っていたそうです。

私たち日本人も、明治維新前は13ヶ月で考えられていた旧暦
(太陽太陰暦=農歴)を使っていましたので、グレゴリオ歴(太陽暦)だけではなく
他の暦に意識を持っていくのもありうるのでしょう。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-16 13:54 | ヒーリング | Comments(0)

「spiritual」(スピリチュアル)とは

夢で「spiritual」について伝えなさい。

そういうメッセージが降りました。


 「spiritual」という単語は英語の日常会話で、ごく普通に使われます。


私が学んできた「spiritual」の定義に近いHPより

********************************************

「伊勢神宮に行ったことがありますか。」

(Have you ever been to Ise-Jingu?)
「ええ、とても厳粛な気持ちになりました。」

(Yes, I have. I found it be very spiritual experience.)

 伊勢神宮を訪れたときの気持ち(雰囲気)が英語では「spritual」と表現され、
日本語では「厳粛な」と訳されていました。
日本人の私たちには「spiritual」が表現する雰囲気が、
この例で良く理解できるのではないでしょうか。


 英和辞典によれば、「spiritual」(スピリチュアル)という語は、
「精神の」、「霊魂の」、「宗教上の」、「霊的な」などと日本語に訳されるようです。

しかし、どうも真意を尽くすことは難しいようです。

もし、長々とした訳語をあてることが許されるなら、
「spiritual」(スピリチュアル)という語は

「人の心のもっとも深奥にある、善良さ美しさと素朴さと、そこにあるパワーについての」

というような意味合いであると考えてほぼ間違いはないでしょう。
では、どうして日本ではカタカナ語の“スピリチュアル”には、かなり異なる意味が与えられてしまっているのでしょうか。

 ひとつには、「spiritualism」(スピリチュアリズム)という言葉との混同が考えられます。
これは19世紀中頃にフランス人のアラン・カルデック(本名イポリット・レオン・ドゥニザール・リヴァイユ、1804~1869年)が広めた降霊術のことを指します。「spiritual」という英語の典型的な美しい意味には、この降霊術のことは含まれていません。

******************************************

現在、エネルギーとして捉えた「spiritual」(スピリチュアル)には
霊媒的な要素はなく『美徳』として魂が持っているもの
とするのが、ヒーリングの世界では強いかと思います。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-06 05:55 | ヒーリング | Comments(0)

アイリッシュ音楽

e0257524_12245776.jpg

吉祥寺で、足を止めたその音楽は
アイリッシュです。

私の大きな変化をもたらしてくれた音楽です。
夫と数年前に二人で何百というアイリッシュを聞きました。

そして癒されました。

アイリッシュダンスは、貧しい時代の民達が
表立って踊ることを政府から禁じられたために上半身は動かさずに
足だけで踊ることを生み出したダンスです。

そして海を渡った移民達が広め
タップダンスへと変容した原点のダンスでもあります。

今は頭まで使って踊ることが許される自由を得て
本当に良い時代になったんですね。

最後はダニーボーイとして有名になった曲。
ロンドンデリーという元歌を奏者が歌ってくれた。素晴らしい曲です。

こういう歌を聴くと、自分に戻っていくことを繊細に感じます。
いつか辿り着きたい魂へとの道。

あの日から私は何回、巡ったのだろうか
そして今ここでハッキリわかる。
もう戻っても良いのだということを
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-05 14:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

観音力カード・弥勒菩薩

e0257524_1055938.jpg


月曜日の朝、草場一壽さんのところで購入した
観音力カードをひいてみると、弥勒菩薩がでました

神尾学先生の講座で秘境治療を学んでいるときに、皆さんで大祈願(マントラ)を唱えた時にも
天井から大きな弥勒菩薩の顔がドーンと迫ってきたのを思い出しました。

未来の神の使いとしての弥勒菩薩は
次の新しい次元を司る369菩薩です。

運命鑑定士の優蘭さんの言葉を読むと

「あなたはすでに許されています。
今までの罪の意識のように感じながら抱いてきた不安なことからの
解放のときです。もう自分を責めることは終わりにしましょう。
手探り状態のトンネルから抜けました。
あなたがたっている現実の場所は悪く無いはずです。
さあ、顔お上げ、心の目を開いて勇気の1歩を踏み出しましょう。」

新しい自分のページを開くとき

とあります。
たぶん過去や現在の古い習慣もすべてリセットできた

そう捉えられました。感謝♡
[PR]
by kotohoginohibiki | 2013-08-01 11:03 | ヒーリング | Comments(0)