ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハープコンサート&日本画展

e0257524_1053143.jpg
e0257524_10524636.jpg


西荻の善福寺公園沿いの素敵な葉月ホールで
池田真弓さんの日本画展【消えない音】が始まります

2016年7月24日(日)〜8月12日(金)
open 木金土日13:00〜19:00

オープニング・アイリッシュハープコンサート【銀の糸】

奏者:村上淳志

7月24日(日)15:00 open
16:00 start
18:00 close
参加費 3000円
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-23 10:54 | 地域 | Comments(0)

国際NGOチャイルド・ファンド・ジャパン

e0257524_18311752.jpg

https://www.childfund.or.jp/

今日は地域でご縁がつながった
NGOチャイルド・ファンド・ジャパンに行ってきました。
昔、日本が第二次世界大戦の中で世界に助けてもらった、戦災孤児達がいたそうで
その返礼として世界の孤児達を助けようと始まった
里親制度や寄付などで成り立っている活動団体さんです。
彼らは世界の孤児達のための活動とともに
日本での被災地のためにも活動しています。

メンタルに直接働きかけるハーブ(フラワーエッセンス)は
まだまだ知られていない状況がありますが、
このような活動をなさっている方々へ知って頂きたい思いで
お時間を取って頂きました。

孤児だけではなく、被災地で自殺予防のために全国各地にある
「日本いのちの電話連盟」(ボランティア)も支援されていました。
「熊本いのちの電話」は5月24日に活動を再開したそうです。
電話料金はかかりますが、ご相談は無料

熊本地震 いのちの電話 
番号 0120−87−4343

フラワーエッセンスの中にも、自殺願望を抱いてしまう
切迫した精神状況に立たされている方に、その精神を支える
緊急レスキュー的なフラワーエッセンスがあることをお伝えしました。
○5レスキューフラワーエッセンス
○チェリープラム など


いのちをもう一度みなおして欲しい。
私たちの思いは同じでした。

その地域の皆様が、立ち上がれるように
見守るしかできませんが、

「人と人を結ぶ」ためにも、情報を持っていることは
必然なのでは無いか。ひとりのいのちは小さな光だけれど、
再び大きく動き出すことを祈って
NPOチャイルドファンドを後にしました。

今日は、ここへ行く前に
7才の時からの幼なじみが活動している
NPOアラジン(介護支援)のお話を聞きに行きました。

この団体は、阪神淡路大震災の被災地での「炊き出し」から
始まったことを知りました。
地震国の日本だけれど『人の新たな意識による働き』を
生み出すのだなぁと感じた一日でした。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-21 18:37 | 被災地支援 | Comments(0)

HH旧タイプ・5フラワークリーム廃盤と今後のお知らせ

e0257524_1555734.jpg

チューブタイプ ¥3,348(税込)

暑中お見舞い申し上げます。
天候が落ち着きませんが、いかがお過ごしですか?


以前にHHの5フラワークリームの廃盤とグラム変更のお知らせを致しましたが
新たにイギリスより以下のように決定の知らせがまいりました。5フラワークリームの予定されていた150gポンプタイプは、日本の化粧品基準に合致せず販売出来ないこととなりました。今後は『5フラワーナチュラルクリーム』のみの販売となります(イギリスも同じ)

5フラワーナチュラルクリームの特徴

従来の5フラワークリームに配合されていた、ラウリル硫酸ナトリウムを配合せず、肌を労る効果に優れたカレンデュラをあたらに配合し自然の成分だけで創られていますので敏感肌の方や、小さなお子さまにも安心してお使い頂ける商品です。肌に素早く浸透し、潤いを長く保つクリームに、感情面での苦痛を和らげる6種のフラワーエッセンスを配合した、他には無い独自のフォーミュラです。

旧5フラワークリームでもたらされていた働きは、5フラワーナチュラルクリームに於いて全てカバーされております。(販売元代理店より抜粋)


ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-15 15:59 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

「第7回・恐れ改革期」

選挙の日に降りてきた言葉です。
この言葉が伝えることは何だったのだろうか?
一日中、この言葉と向き合っていました。

静かに、共鳴しているフラワーエッセンスを選んでみました。
それはマウンテンプライド
e0257524_1365996.jpg




自分が真実であると知っていることを、行動に移せる能力は非常に大事なもので
「善と悪」「真実と偽り」を学んでいくとき、魂は社会の中で立ち上がらざる負えない時がある。とくに現代社会では、それぞれの個人が社会への不満足や幻滅をポジティブな変化のエネルギーに消化させるのを学ぶことが緊急の課題である。

『積極的な行動は個人の強さと魂の発達だけではなく、真の世界平和のために重要な癒しの道具である』と学ぶ必要がある。

マウンテンプライドを通して魂は、善と真実の力に自己のアイデンティティを整合させることで、この世界の中で、世界の平和のために立ち上がることを学ぶ。(フラワーレパートリーから抜粋)


2010年のインテンシブセミナーでフィールドトリップに行ったとき、
高地の岩場に生息したマウンテンプライドの花を、皆で観察した。
岩場の中で美しいマゼンタ色の可愛い花をつけていた。
その花をスケッチしながら、気高さと力強さを感じたものだった。
より高く、厳しい環境で耐え抜くパワーを与えてくれるエネルギーの花。


私はずっと、息を潜め「善と真実」を観てきました。
長い長い習慣的なものに立ち向かう時、あきらめている人に会いました。
「どうせっ」という言葉で、私たちの士気が失われてしまうのは
どうして? 個人的問題でゆとりが無いから? 真実の情報が無かったり?

長い間、メンタルに作用するハーブを扱っていますと
個人的な問題と国の問題は同じなのだと気づきます。


氣高い志の日本人でありたいですね。人の道をともに歩きましょう。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-11 13:09 | 夢解読 | Comments(0)

世界のトップリーダーのためのフラワーエッセンス

e0257524_1322519.jpg

政治家、大統領のような世界のリーダーに。
スピリチュアルな精神的にも、統合されたリーダーシップがとれる。
個人的な問題を超越し、光とインスピレーションに満ちた状態に到達する

これは真の世界のリーダーとしての大事な資質を養う、または取戻すための
FESフラワーエッセンスで「トールマウンテンラクスパー」です。


元々、リーダーとして国や世界を導いていく気質のある魂は
このような光と、インスピレーションに満ちていなければ
個人的な問題に落ちていくのかもしれない。

日本でも明日は、大切な選挙がある。

一人ひとりの国民の意識が、これほど高まっていると感じる年でもある。

一回一回の選挙で、どれだけの間違いを起こしてきたかもしれないが
今回は前よりも一歩進みたい
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-09 13:02 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

東京は7月10日に選挙があります

とにかく選挙に行きましょう。
各都道府県で、日にちが違うと思いますが
それぞれの地区で、政策を知る手段があると思います。

会社の方は、なかなか各政党の政策がつかめないので
Hpを参考にしてはどうかなと思います。立候補者のHPが掲載されています。

東京都選挙管理委員会
http://www.h28sangiinsen.metro.tokyo.jp/


政治家だけが責任があるのでは無く、私たち一人ひとり
どんな政策案をもった人に投票するかに責任があることを
大人たちは、子供たちに引き継いで欲しい。

彼らの未来に責任があるからです。大人たちにも
子供たちの未来を考える責任があると思います。
国民のための政治であることを立証してほしい。

どうなるんだろう?仕事
どうなるんだろう?福祉
どうなるんだろう?税金
どうなるんだろう?原発
どうなるんだろう?教育
どうなるんだろう?老後
どうなるんだろう?養育

どうなるんだろう?平和
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-05 12:01 | 日々の暮らし | Comments(0)

思い出を弾く、竪琴

茶道の教室で、同じ曜日に仲良しのお仲間さんが二人いました。
1人は三渓園内の陶芸教室で教えていて、私たちは彼女の教室へ
手捻りのお茶碗作りにいきました。

横浜 三渓園
http://www.sankeien.or.jp/flower/flower13.html


三渓園はちょうど一年前、蓮の花が元気に咲いていて
散策し、3人で園内のお抹茶を頂きました。

一緒に参加した1人はご主人の転勤が決まり
昨年、宇治の自宅へ昨年戻られました。
彼女とは深い深いお話をいつもしていたので、寂しくて寂しくて

思い出の蓮の花を、竪琴に書き残すことにしました。
昨日やっと完成した日本画の、蓮の竪琴
e0257524_1111886.jpg

[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-04 11:06 | 日々の暮らし | Comments(0)

自然界と芸術

e0257524_1395382.jpg

FESフラワーエッセンス「アイリス」は
私たちの創造活動を刺激し、インスピレーションを暮らしの中に
取り入れる役割を果たしてくれるでしょう。

幼いころ、芸術的な時間を認められなかった人や
軽視された方達に役立ちます。

フラワーエッセンスの創始者、エドワードバッチ博士が治療薬に使った花は、
『バッチの花療法』から引用すると、治療薬(フラワーエッセンス)は、歪みの無い、正常なリズムを持ち、対応する人間の魂の性質と調和する周波数のエネルギーをもっています。治療薬には魂の性質に対する親和性があるので、魂と接触することができ、調和のとれた周波数の波動が人間の魂をふたたび調和した状態に導くのです。

この原則は、音楽療法や色彩療法も同じような原則に基づいていると書かれています。

人間にとって芸術に触れる時間は、とても大切なことであり
私個人的な経験からも証明できます。

子供のときに出会った「歌うこと」は私を一番解放してくれることでした。

私の中の陽気質の解放により、人生を変えたとも言えます。これは「呼吸の解放」と繋がってもいます。「色やカタチを描くこと」は自分の想像をカタチにする練習の私たちの基盤になっています。暮らしの中でダンスを積極的に取り入れることも、カラダの使い方の基盤となっていくでしょう。何故ならば真実は「楽しい」からです。

ミュージシャンやアーティストだけが、クリエイティビティを表現する資格があるわけではなく、どんな人も表現する自由を与えられていることを忘れてはならないでしょう。

バッチフラワーを使っていくうちに、人間のもっている芸術性の開花に出会います。
自分らしい自己表現を取り戻していく過程にあるプロセスです。その「芸術性」を人生で満たすことは、一般的社会にある自分を、いつでも本来の自分にもどる手助けとなるでしょう。純粋に楽しい時間を得られることで「個の自分」と出会うからです。その時の動機が、純粋であればあるほど満たされるでしょう。

幼い子供ほど、表現が解放されているので
「音」や「色」による反応は、ずば抜けていると言っても良いと思います。
彼らは自由であり、表現に評価を必要としないからです。
[PR]
by kotohoginohibiki | 2016-07-01 13:18 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)