人気ブログランキング |

ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

フィンドフォーンのエッセンス

店を立ち上げて3ヶ月が経ちました。
時はいつも流れていくのだな

2ヶ月目の頃、夢中で店を立ち上げて
その疲れが出始めていました。

肩が上がらず、思うようにヨガも出来ず
散歩も出来なくなっていて
HPも更新しなくてはならず
19年ぶりにフルタイムで働く50歳は

悲鳴を上げていました。
とうとう指圧を受ける夢を見て、指圧を受け
きっとそれだけでは駄目だなって感じ取って
ペンデュラムで自分が必要なレメディーを教えてもらいました

フォンドフォーンのライムがhit!
久しぶりのフィンドフォーン。

「ライム」は作り手マリオン•リーの著書”花の贈り物”によれば

ライムのエッセンスは私たちの心に宇宙の一員としての愛を根づかせてくれます。そして私たちを勇気づけ自分はスピリチュアルな自己からも、他者からも切り離されているという思いを克服させてくれます。そのとき初めて、私たちは地上の平和とスピリチュアルな調和のために働けるようになるのです.....

店という物質を立ち上げることは
意識が自己のことに集中しますので、何のための店なのか
もう一度思い出させてくれたライムのエッセンス

すっかり疲れは取れ、意識はさらに全体へと向かい
自分を取り戻すことが出来ました。

ことほぎの響きでもフォンドフォーンを取り扱っております。
お問い合わせください。
# by kotohoginohibiki | 2011-11-25 16:49 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

買い物の夢

西荻で感性の好きな雑貨屋をやっている
nano http://nishiogi-nano.jugem.jp/さん

夢)
nanoさんによく似た女性のお店にすごい人だかり。
「megumiさんはどんなものが好きですか?」
「私は始めに価値観ありきで合えば高くても買うの」
「わかりました。ぴったりのものがあるから待っててー」

「目の前にかごに入った靴下。これピンクで可愛いなー」
買おうかしら!と思いました。

解読)
買いものする場面の意味することは、
夢でも、現実でもそれを手に入れたとき元気になったり
賢くなったりするイメージが出来ているから買い物をします。

買う夢は、自分が成長に向けて一歩前進しようと決心するときに見ます。
ピンクは緑と同じような第四チャクラのハートと関係があります。
緑はものを優しく包み、ピンクはソフトに抱かれた色

ハートがソフトに抱かれたい。
そのために思いやりや生活維持をするための保護(靴下)を私は手に入れよう。
そう魂が成長することを決めたのなら、私は彼女の可愛らしさを
お手本に生きてみよう

いつもありがとうnanoさん。
あなたの楽しい企画は、いつも笑顔になるわ
# by kotohoginohibiki | 2011-11-23 12:41 | 夢解読 | Comments(0)

Himalayan Natural Arts

西荻の小さなギャラリー
私の店から数メートルのところで
去年から2回目

ヒマラヤ水晶の展示がありました。
店に水晶を置きたいな〜
そう思っていて、今年は買ってみました。

お家にも置きました。

植物と音と香りと石。良い波動に気を使って空間を保っています。
不思議ね!置いたその日から、初めての方が店に入ってくるようになりました。
お電話も頂くようになりましたよ

水晶も、いっぱいのヒーリングストーン達も
本当はもう掘り起こしてはならないって
ネイティブインディアン達が言っています

ただここに既にあるものに出会えた人にだけ手渡されるのかもしれないです。

石も掘り起こすことが制限が始まっていると、彼らは言っていましたから
何年も前から、フラワーエッセンスの作り方で作られた
石(ジェム)のエッセンスがあります。

たぶんエネルギーだけ頂くことになるのでしょう。
そう私も願っていましたし

ここに来てくれてありがとう
私の手に届けてくれてありがとう。

今回の出会いをくれた人達はMabolocci,crystalinaさん
山梨の水晶の神様にいつか会いにいってみよう
その水晶だけは守られていて、掘ってはならないと
山梨の水晶の堀師さんたちが守っているようです。

店に来るだけで、癒されると言う方が増えました。
なんか嬉しいな!

私も石に守られています
# by kotohoginohibiki | 2011-11-22 18:56 | Comments(0)

夢を見ることは 未来を作ることだから

この2週間
全ての動きが止まってしまったかのようだった
周りの人の行動も「ここ」になかった感じがしていた

そういう表現が当てはまるのかもしれない
過去に引きずられて、また戻ってしまった
そんな表現がいいかしら

そして昨日、突然動き出した。

皆が未来に動き出したんだなってわかる

「夢があること」
子供のときは沢山ありましたね
今、大人になっても夢を追い続けましょう。

それが未来だから

それが無くなってしまったら
過去にずっと生きることになってしまうから

少しでも前に、勇気を出して進むことは
私たちの「ここ」にいる証だから

何度も何度も考えて、迷って
やってみようとまた再び歩き出すこと

人は繊細で臆病だから
時間をかけて新しい扉を開けるんだね
# by kotohoginohibiki | 2011-11-19 15:34 | 日々の暮らし | Comments(0)

ネイティブインディアン『ホピの予言』

11/13日
NOPホリスティック医学協会のイベントに参加

私はネイティブインディアンのホピ族が
伝えようとしているこの映画「ホピの予言」
http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/HopiYogen.htmを見たくって
1人でイベントに行きました。

ホピ族が暮らす場所で
ウランの発掘が大量に行われていました。

何も知らされずに低賃金で発掘作業に
かかわったホピ族は
沢山の方が被爆に苦しんでいます。
そして、もっとも苦しんでいるのは
ホピ達が掘った、そこのウランから日本の
広島と長崎に原爆が落とされたことにあります。

映画は福島原発で
作業する日本人にシンクロしているようでした。

彼らは
ずっと前より
地中から堀りあげてはいけないと
予言を受け取っていました。


祖先より伝えられて来た予言を
知っていたのに理解出来なかったホピ族の人達



昔のような暮らしに戻る者たちを
「本当の意味でホピ族の暮らしを守る者」と言います。
ホピ族の長老は、伝える人達を呼び
その国で伝えてほしいと立ち上がって
活動しています。

大きな選択を迫られています。

物質主義は何を生み出したのでしょう?
一人一人が胸に問いかけ
本当の豊かさに気づく時が『今』です。

NOPホリスティック医学協会でも
帯津会長を始めとする沢山の医療に
関わる方々が「正しく生きること」を
発信しているのです。

帯津先生は、25年前にこの地を
偶然にも訪れていたのだそうです。
そのときに長老に話を聞いた
帯津先生も、ようやく医療と人の思想は
関係があるということに気づき始めたのでしょう。


この映画が創られた25年前
私は結婚しました。
結婚式の1週間前にチェルノブイリが
爆発したのです。

何を発信すべきか、もう分かっています。
偶然は必然ですから....


私はネイティブジャパニーズの道へ
歩み始めました。

一人でも多くの日本人が
自分を取り戻しますように....
# by kotohoginohibiki | 2011-11-18 09:02 | ヒーリング | Comments(0)