ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

「魂の植物」 存在と宇宙のリズムの対立から生まれる

「バッチの花療法への新しい洞察」
存在と宇宙のリズムの対立から生まれる


根茎と下の方についた若葉は生命力にあふれている。地面に刺すだけで根づく。上の方の枝、葉、とりわけ花弁は、この活力をもはや持っていない。輝く花弁において植物は文字通り燃え上がり、植物性の火のなかで灰になり、鮮やかな色をまといながら滅ぼし、香りの蒸気と花粉に力を出し尽くす。花被(ガク片および花弁を合わせて花被片と呼びその全体を花被という)のなかにアグニが君臨する。花は植物が(サトイモ科のように)固有体温を生じさせうる唯一の器官である。典型的な顕花植物は、開花時に頂点に達し、同時にその存在の終わりを迎える。

*****

まず、私たち自然界にある有機物は燃やすとすべて「灰」となりますね。
(火葬のとき、骨だけが残るには理由もあり長時間時間をかければ灰になるようです)

前回で述べたように、植物は花が最も輝くときに「火」の力(=アグニ)でエネルギーを高め燃え盛るよう、と形容されるように開花するのですね。
太陽の「火」も和らぎ弱まるとき、活力も弱まって枯れ果てます。

もちろん植物によりますが、一般的には開花を持って活力は失われ、
次のエネルギーの上昇期を待って、次の種や根が大地の中で力を蓄える
その繰り返しであることを教えてくれています。

「死と再生」が同時に体験する誕生もそうですし、死の瞬間もつねに更新の状態を意味しているのでしょう。


*****

緑と生命は植物から完全に抜け出す。昆虫、カビ、細菌は乾ききった茎、黄変した葉に襲いかかり、灰(腐植土)に戻す。だが、この死の時点は小宇宙の中でと同じく、まさに植物の本質(種のなかで)更新し、繁殖することができるところである。再び我々は、あるプロセスが突然逆方向に走るEnantiodrom(訳注:エフェリスのレラクリットが発展させたイメージ。存在と宇宙のリズムの対立としてあらゆる生物に内在するつねに相互に働きかける力)という魔法の折り返し地点に立ち、そこで生成が互いに手を差し伸べる。


・・・・・
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2018-04-14 10:53 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)

「魂の植物」 花を咲かせるために生きる


「バッチの花療法への新しい洞察」
花を咲かせるために生きる


この体内現象全体が、外界の自然に鏡像を持つことは興味深い。すなわち顕花植物の展開においてである。開花プロセスも、硬い凝縮された殻としてミネラルを含んだ土壌(地)で発芽し、湿気(水)の助けを借りて殻をこじ開け、成長し、大気(空気)を呼吸し、炭素を吸収同化し、最終的には太陽(火)に向かって花を咲かせ結実するように、四つのエレメントを通り抜ける。植物が開花に近づけば近づくほど、葉と枝はどんどん勝つ力を失うことから、ここでも、一つの非物質化を確認することができる。

*****

私は今、植樹のために、どんぐりから育てている樹木があります。
どんぐりを思い浮かべてみてください。
種で育つ植物より、殻がとても硬いんです。

そこから観察していると、発芽を見たとき
とても喜びでした。
一番大きい成長は、このときに見られますし、大きな種(どんぐり)なので
観察しやすいのです。

寒い冬こそ、土の中で冷たい風(空気)の中で、じっと耐える力が必要です。
冬もポットで育てていた発芽前のどんぐりに乾いたら水やり。

暖かくなって(火の力が強くなってきて)春に発芽しました。


もう一つ面白い話を聞いたことがあります。


杏子染めを見に行ったときのこと

作家さんのお話では、杏子の花が咲く前にその枝で煮出した液で
染めるんだそうです。

私は花が咲いてから染めたことはありますか?
と尋ねました。

すると

やってみたんだが、全く色が出なかった。と言うのです。

植物は顕花植物は、このことからもわかるように
花のために生きているんです。だから開花に近づくエネルギーの高いときを
見定めて、染め師さんは杏子染めを枝でするのです。

花にすべてエネルギーを注ぎ込んでいる植物は、開花の後は、葉も枝も活力を失う。
このことがよくわかりますね。

この二つのエピソードは
植物の観察をよくしていてわかったことの一例です。


植物って面白いと思いませんか?
その一番エネルギーが注がれた「花」を使ったのが フラワーエッセンスです。


人に例えたとき
同じことが起きています。

私たちも人生で花を咲かせるために、全エネルギーを注いでいるということ

本当に愛おしい存在なのです。



・・・・・
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2018-04-10 16:00 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)

「秘教」 エーテル体徹底研究 第4回目

「秘教治療」を学ばれている方々には、この図もよく目にするので
もうお分かりかと思います。
e0257524_1313179.jpg

私が学んでいた時からここ数年になるのか
その時には把握できていなかった〜。と
正直に申し上げておきます。

この図が、第4回目のエーテル体の講義で
あーこのことを示していた図なんだなー。
やっと理解できました。

4回目の「エーテル体」こそが、第2、第3エーテル亜層を示す講義でした。

ヒーリングの学びでも目にしたエーテル亜層
意識が変わってくると、各エーテル亜層のことが腑に落ちるんですね。

現代医学、自然科学で行っている以上の科学が発展している今
必要性があるからこその発展なのです。

そしてその理解が早急に必要になっているのです。

これまで「プラーナ」と呼んでいたレベルよりも進んでいます。

4回目の講義は、テキストも3様相に色分けしてありました。
すごく親切に理解しやすいように工夫されていたんです。

また二つの、チャクラシステムがあることの意味も説明があって
腑に落ちました。

そこで上の星のような図です。

これは3つの様相に働きかける図であって
中心には分類できる7つの光線が降り注ぐ図なわけです。
これがさらなる上の、人間が進化してできるヒーリングのイメージなのでしょう。

角層のチャクラのお話を聞いておりまして、この図を見て光線治療を想像した時
中心に降り注ぐ光線は変わらないのならば
光線治療ができると、シンプルで早いなー。と感じてしまったわけです。

しかし「宇宙の光線治療」こそ、自分が魂と繋がっていないとできないのです。

そのために有益なのが『瞑想』なのです。

バッチフラワーの経験から、夢のメッセージや書籍でも
『瞑想の勧め』がありますが、なぜ人は瞑想が必要なのか?
はっきり示す教えがありませんでしたが、この回ですちょっと分かった気がします。

エーテル体、初めからもう一度勉強せねばなーとも思いました。
でないとクライアントへの説明もできないし、ヒーリングに携わるものとして
何より自分がはっきりしないと思うんです。

セラピスト、ヒーラー、ボディーに関わるお仕事の方々
この「エーテル体徹底研究講座」からでも始められることお勧めですよ

5月には「チャクラ」の深い、高いレベルのお話が聞けるそうです!



・・・・・
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2018-04-09 13:16 | ヒーリング | Comments(0)

「秘教」 エーテル体徹底研究 第3回目

1年間「秘教・ホワイトマジック」を神尾学先生のブログから勉強してきて
とっても楽しかったので、きっと実際の講義はさぞかし
楽しかろう!
久しぶりの受講だー。ワクワクする〜と自分の気持ちの高鳴りを感じてしまう

難しい教科書は読解するまでに
自分の体験と腑に落ちた度合いで
理解が深まることを知った最近の私です。

神尾先生の「エーテル体徹底研究」の講座が始まって
1回目:ヴァイブレーションメディスン
2回目:ヒューマン・エネルギー・フィールド/ハララインとコア・スター

と、ここまでは自分なりに勉強してきて、何年も実践してきたのですが

チャクラやオーラー状態が整っていても
肉体の痛みがあるってどういうことなんだろう? とか実践から疑問が湧いてくるものが
私にはあったのです。

そこで、3回目からワンランク上の理解というタイトルから
すっきりするには、学ばなくっちゃわからんなーと受講

久しぶりに「秘教治療」でいただいた資料を引っ張り出す。
e0257524_18425739.jpg

講座の中でも、この太陽系の七つの階層と人間の構造図ですよ〜

「エーテル体」だけでも4段階あるんです!!
「秘教治療」で学んだはずだし、仲間がその時言っていたのを思い出した。
今の段階でのヒューマン・エネルギー・フィールドのヒーリングは
4つのうちのなぜ第四エーテル亜層なのか、そこが今回は全体を聞いたから
理解できたのだと思います。

「秘教」は全部がつながっているので、いっぺんには理解不能ですが
一つ理解が深まると、他のところでつながってきてまた相乗効果をあたえてくれる
教科書のようですよ(体験からそう思いました)

一般に言われている「エーテル体」はプラーナの仕組みや流れが
まずは理解できていないと、わからないものでした。

また「秘教治療」の講座の時にはわからなかったことでしたが
体験して、やっとなぜエーテル体が4段階あるのかやっと
理解できたことに、とっても満足な講座でした

「秘教治療」で、確かにチャクラの説明の時だったか
ブレナンのいうチャクラシステムと、リードビーターのいうシステムと
違う図も見たな。「脾臓」のことも思い出しました。またこれを復習

今回は
『神智学大要第1巻〜エーテル体」からの抜粋講義が主体になっていて
そうそう、「脾臓中枢」のことも大切だってことをワンランク上の理論として
詳しく再確認できました。もう忘れないぞ!

半分以上プラーナのことに触れており、理解が深まり腑に落ちました。
いや〜そうだったのね〜。ちょっと今の私にがっかりもしたし、順番にやっているんだな〜
ていう自分にも出会えて、積み重ねなんだな〜ってわかって参加して
よかったな〜って正直思いました。

だからいろんなことが私の中で違和感から立ち止まって、
また次に行けたのかもしれない。

でも「秘教」にしがみついていてよかったなーって正直思ってしまったのは
より原点であり、より高度であり、より目指す全体像が明確になったからだと思います。

一般のヒーリングとは。真の霊的ヒーリングとは?
これはヒーリングを学ぶ人たちはきちんと理解した方が良いと思いました。

そして人間はどこを目指すのか?
4回目の講義はそこに焦点を当てられた講義です。

今の自分がどんなことをやっているのか。これを知るだけでも尊い
講座です。


・・・・・








蓋を開けてみたら
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2018-04-07 19:23 | ヒーリング | Comments(0)

「魂の植物」 消化プロセス(気づき)による「火」の要素の位置付け

「バッチの花療法への新しい洞察」
消化プロセス(気づき)による「火」の要素の位置付け


アグニは火の神で、死すべき者と神の間の仲介者である。アグニが宿るところすべて、有機体の中であれ、外界の自然であれ、熱、光、灰が生じる、消化においては熱(カロリー)と光(変化した太陽光)が小宇宙(ミクロコスモス)のなかへ入りこみ、生命現象を鼓舞し、魂を温め、精神に光を与える。同時に、灰(Faeces)が排出される。

人智学の創始者であるルドルフ・シュタイナーも、そのような関係を認識していた「人間は、形成する力(エネルギー)を腸から引き出している。(中略)...消化は食べ物の未知の特性を克服することであり、人間が想像、感情生活、思考、体内物質の構築のために必要とする形成力の解放である」。人間の「自我」が弱まると、腸内フローラは病原菌になるのだ。


*****

四大元素の中で、私たちが恩恵を受ける「火」の要素は、太陽光と地熱から得られますね。自然界の有機体はすべて、火によって灰となります。

私たちが生きている間、「火」を使って得られるものは食事だけではないのですね。
最終的には肉体も火葬によって灰となります。

ルドルフ・シュタイナーも、物質的なものだけではなく、人間の想像や感情、思考にもアグニである「火」の要素が使われている。そう伝えています。

物事の消化能力が低下すると、人間の「自我」が弱まり、同時に有機体の身体の消化機能も低下し、腸内フローラでは病原菌が優位になるというのです。

結局、病気がなぜ生まれるかを考えると、人間の物事への消化プロセス(気づき)にかかっているといえるでしょう。


*****

消化のプロセスは、段階的な「脱生成」、緩慢な非物質化とみなされうる。プロセスは明確な物質から始まり、純粋なエネルギーのレベルで終わる形質変換であり、ある種の希釈現象である! 食物は四つのエレメント、地、水、空気、火を一つずつ通り抜ける。個体の食物(地)は、粥(水)になり、ガス(空気)と熱(火)を放つ。食物は冷たい極から熱い極へと動き、選択、臭覚、味覚の意識現象から、胃、肝臓、小腸、大腸のなかで演じられる無意識の現象へ移る。

・・・・・
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2018-04-04 19:36 | 「魂の植物」を読み解く | Comments(0)