ことほぎの響き

kotohogih.exblog.jp
ブログトップ

キープスマイル症候群

今日の東京はすっかりお天気058.gif

彼岸もどうにか過ぎ去り、多くの方が変化を感じられているのではないかと思います
あの世とこの世を繋ぐ時期を、日本では「お彼岸」として祖先の霊がやってくるので
お参りをします。

これは地球上のオーラが薄くなる為に起こり、あの世(宇宙)との繋がりが
持ちやすくなるためで普段でも敏感な方はメッセージや何らかの
宇宙の法則が働いて突き動かされる為に敏感になることがあるかもしれません。

たとえば惑星のエネルギーを受けやすくなるとか...
しかし、現在ではそんな惑星のエネルギーでさえも地球のアセンションに
共鳴し頑張って自己を高めている方々は、惑星の高いエネルギー(波動)も
受けないで「ここにいる」感覚で過ごされていると思います。


さて
周りにキープスマイス症候群の方はよくいらっしゃるのではないかしら?

この方々の特徴は「嘘」をつくこと。
痛みに対する過敏な反応がある。
リラックスする為にアルコールに依存するタイプの方々です。

自分の過敏な抑圧的態度を、仮面を付けてごまかそうとする人。

依存の対象としては、娯楽や憂さ晴らし、過食、仕事、アルコールや
麻薬(日本では違法です)が考えられます。

内面の崩れと同時に、睡眠障害、気が休まらない状態、ひきつけ、痙攣、身体の痛みに苦しむなどがあります。

*アルコールは気分を楽にさせ、人付き合いが苦手な人も楽しく人と付き合えるように後押しする力を持っていますが、誠実な態度を求められるような付き合いを出来なくしてしまう力がありますのでご注意ください


以上  ゲッツ•ブローメ医学博士著 バッチフラワーエッセンス辞典より


ではどうしたらよいのでしょう?

人間関係や、痛みを過敏にならないようにすること。
神経質にならないようにすること。
他者を信頼すること。

今まで習慣化してしまった「嘘をついて仮面をかぶる」態度は本当の
あなたを見失わせています。

ケアしてくださいね030.gif
ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2012-03-26 12:26 | ヒーリング | Comments(0)

「ホピの予言」上映会

平和こそが偉大なる精霊の意志である
それは困難なことかもしれないが勇気を持っていくがよい


2012年4月22日(日)

open 12:30   start 13:00  end 16:00

上映後はワールドカフェ形式によるグループワークを行います

■会場:西荻窪 ホビット村学校3F
http://www.nabra.co.jp/hobbit/default.htm

■料金:大人 1500円 中高校生 1000円 小学生以下無料

■定員:30名(予約制 定員になり次第受付終了)

■申込/問い合わせ  ことほぎの響き 岩崎宛
TEL:03-5941-6503 MAIL:info@kotohoginohibiki.com
http://kotohoginohibiki.com

3時間ほど上映会の場所を提供して下さる店や情報も募集しています。問い合わせください


本編 
『ホピの予言』 75分  監督 故宮田雪(きよし)
「平和に生きようとする人々」と呼ばれるアメリカ先住民族ホピは、偉大なる精霊から授かった教えを2000年もの間、口承によって伝えて来た。地球のバランスを保つために重要な聖地を世話する者として、ホピはその大地に植え付けられたという。しかし、第二次世界大戦中、アメリカ政府は原爆開発のためにホピの聖地からウランを採掘し、広島、長崎へ原爆を投下するに至った。ホピは教えに照らし合わせ、人類存亡の危機の時代を迎えたことを確認し、ホピの教えと警告を世界に伝えることを決めたのだった.....

この作品は87年11月アメリカンインディアン・フィルム・フェスティバルにおいて、ドキュメンタリー大賞を受賞し、チェルノブイリ原発事故後の反原発運動の大きなうねりに乗って、全国自主上映されました。そして2011年3月11日を迎え「未来の子供達のために、いかに生きるか」を真剣に求める人々によって、改めて注目されています。

宮田雪監督 代表作品

◯シナリオ
アニメ「ムーミン」「あしたのジョー」「ルパン三世」「海のトリトン」
ドラマ「西部警察」「探偵物語」「気分は名探偵」
漫画・劇画「ゲゲゲの鬼太郎〜犬神大戦争期〜」東海道四谷怪談」他多数
◯映  像:「ホピの予言」「セイクレッド・ラン」「ブルートーンの火」「ROKKASHO」

補遺版 
『浄化の時代を迎えて』 25分
撮影構成 ランド・アンド・ライフ 辰巳玲子
http://hoshimeguri.com/landandlife/
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2012-03-22 10:02 | 日々の暮らし | Comments(0)

ダンディライオン

e0257524_15542095.jpg
先週、早めのお墓参りを済ませました。

主人の父の墓の近くには土手があり、そこで小さく咲き始めた
日本タンポポを見つけました。

ハーブとしても、使われるタンポポは日本でも
肝機能によいとされタンポポコーヒーとして販売していますし
カフェでもメニューに載り始めています。

フラワーエッセンスとしても人気が高い
たんぽぽは、沢山の花びらがついています。
始めは地面に近い状態で花も上を向いて日の光を
沢山浴びています。

時間が経つと、急に茎が成長を始め
その首が長くのびてきます。
しばらくその状態が続きます。

花は細長い茎に支えられ、しだいに垂れ下がり
花の中心がわからなくなってしなだれてきます。

ジェスチャーを人と比較してみますと
始めはグランディングして、地に足がついた状態で
輝いている人も、成長の過程で徒長し
首に負担をかけながら頑張っていますが、そのうちに
自分の中心がわからなくなり疲れてしまっている。

花びらの数のように、その人はきっと沢山の役割を
持って生きていらっしゃるのでしょう。
首に負担がかかっている肩こりや、間接などの疲労にも使われます。

野辺のハーブ達は、そうやってカラダいっぱいを使い
私たちに教えてくれているのでしょう。
私たちを癒してくれるハーブ。

頭を酷使していると肝機能が悲鳴を上げるよ056.gif



ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2012-03-16 15:53 | フラワーエッセンス療法 | Comments(0)

井の頭の春

e0257524_1220418.jpg
日曜日をセミナーだけにして
ケアとSHOPをお休みに決めたら、お散歩の時間ができた058.gif

これからは植物の成長が嬉しい

久しぶりに井の頭公園に行くと
満作が満開でした。

住宅の木々には目白が飛び交い、本当に春なんだなって
自然が教えてくれます。

井の頭公園でもアースディのイベントがあるそうです。
そこに書いてありました歓びのお便り056.gif

井の頭公園内の林に日本ミツバチの巣ができたそうですよ
とにかく日本のものは外来種には弱いですね、植物も動物も
ミツバチは農薬のかかった花の蜜は採取しません。

そんな繊細な日本ミツバチが戻ってきた井の頭の森。
自然生態系が戻りつつあるというサインなのですね
とっても嬉しいメッセージです。

自分の店の休みを決めて
散歩に出かけ
嬉しい知らせに出会える事。

こんな歓びを感じられる自分に
成長できた事は以前の仕事オンリーの私には
予想もつきませんでした037.gif

春なんですね!トキメキますね〜

また1年どんな出会いが待っていて、
どんな学びを与えてくれるのだろうか?そんなことを
楽しみにして過ごしたいですね001.gif

住んでいる場所は違っても、誰にでも
春はやってきますね。今いるところで歓びを感じられるあなたですか?

歓びを感じられないなら、今心と向き合ってみましょう
きっと動き出せるはず


ことほぎの響き http://kotohoginohibiki.com
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2012-03-09 12:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

愛の法則

エステリック•ヒーリング講座に日曜行ってきました。

ここに行くことが、自分の今を実感できる場所です。
先日は「パーソナリティー」がテーマでした。

パーソナリティーとはラジオでおなじみのとは違います(笑)
自己の中心と表現したらよいでしょうか

『出来る人は本の内容を読んだテープを流すので、瞑想しながら感じて
聞いてみてください。』そう神尾先生がおっしゃったので

一番アストラル体の治療に取り組んでいる私は、アストラル体の部分を
瞑想状態で聞いていました。

キーワードしか入って来ないのですが、それこそ自分のカラダに
入っていることだと知ったのです。

アストラル体は、情緒体ともいわれ病気の心理的原因にあたります。
このハートセンターの問題と
他のセンターの影響を受けて表現を統御する。喉センターに注目されます。

*センターをチャクラという場合もあります。繊細にいうと違うものですが...

治療家は、多くのエネルギーによって構成されている原子を
統合要素として捉え、常にクライアントの内的核となっている光り輝いているものを
見ていかなければならない。頭部と心臓に表現される。

ですから意識的に生きていくことが大切です『意図する』生き方になっていくこと。
アストラル体(情緒体)は個人意識との関係にあります。

大衆の活動体はエーテル体にあり、喉センターから太陽叢センターへ流れるといわれます。
治療家は横隔膜より下位か上位かに注目します。
内分泌系や神経系の問題は、これからの治療として注目されます。
アジュナセンター、太陽叢センター、仙骨センターの統合を果たした
学びにあるモノ達や情熱を傾けて学んでいる方々はいずれ進化を遂げ
ヘッドセンター、ハートセンター、基底センターの統合へと向かいます。

この時期に起こる疾患が、神経系(脳)の問題や心臓の病気です。

これからはこれらの病気が浮上する時代へ移る。
言い換えると、結核、性にまつわる病気や癌などは過去の病気になってくる。
進化を遂げると、病気も進化していくということ。

治療家に求められることは『愛のちから』
どんな人を目の前にしても揺るがない、信頼関係を築くには『愛』が必要なのです。
どんな情緒を持って生きてきたかを読み解き、向かい合い、移行させるサポートをするのが
私たちの役目で、医師達との協力体制を創っていかねばならないと実感しています。

資料:『秘境治療』(上 下)アリスベイリー著より

私がエネルギー療法として使うテクニックの
ヒーリングタッチ療法でも始めに学ぶのは『愛』です。
これが一番難しく、一番大切なのです。
実際、治療者の情緒がクライアントに作用しますので
日々、治療者は自分の情緒と向き合いバランスを取っていなければならないのでしょう。

自分の好き嫌いという単純な感情は、自分の恐れからくるものだと体感してきました。
それを克服し苦手意識を手放したとき、信頼関係を築くことが出来
治療に影響を与えます。

ですからフラワーエッセンスを飲み続けているのかもしれません。
常に高いチャレンジがやってくる!
いつも『意図すること』を忘れずにしていきたいと思います。


奉仕することと瞑想は、力の流れをより焦点を絞り背中を押してくれます。
『愛』が最大限に拡張された時に奇跡が起こるのかもしれません。
[PR]
# by kotohoginohibiki | 2012-02-28 18:20 | ヒーリング | Comments(0)